スポンサーリンク

今週末のRIZIN18で堀口恭司と朝倉海というカードが組まれています。
ブックメーカーでお金をかけるなら堀口にベットしますが・・・朝倉未来の大躍進という勢いが朝倉海の背中を押すのであればワンチャン!と期待したくなるのが格闘技ってものじゃないですか。

競馬で言えばG1馬に対してG3連勝中の馬が挑戦するような感じかもしれませんが、朝倉兄弟の勢いというのはこれからのRIZINの流れを変えていくぐらいのものを感じますし、朝倉未来の指示を受けながら戦う朝倉海って負けた記憶がないですからね。

堀口には弱点らしい弱点がないと思います。
あるとするなら、変なもらい方を不意にしてしまうことは昔から目にするということぐらいでしょうか。

いや、もう1つは堀口の試合は堀口の世界になるんですよね。
あの独特の動き・世界観を壊すことができるかどうかが対戦相手が狙うポイントなのかもしれません。

とはいえ本音は「勝てるわけないよなぁ」なんですけどね(苦笑)

だけど「勝てるわけないよなぁ」って思って見る格闘技、プロレス、スポーツなんて面白くもへったくれもありません。

憧れをくれるのは絶対王者。
ですが勇気をくれるのは常にチャレンジャーだと思うのです。


プロレスランキング

 

Twitter