BULLET CLUBのKENTAが石井のNEVERに挑戦
スポンサーリンク

オカダと鈴木みのるがNJPW Royal QuestでIWGP戦を行うことになりましたが、同じロンドンの地で石井とKENTAのNEVER戦も決定しました。

今年は「G1で王者が負けて、その相手とタイトル戦でリマッチ」という流れにならずに、G1最終日のタッグマッチで行動を起こした選手がタイトル戦に挑むという形になっているのは面白い変化ですね。

ただ恐らく・・・「BULLET CLUB入りしただけでNEVERに挑戦できるの?」って声がSNSを見るまでもなく沢山つぶやかれているとは思います。

ですが、KENTAが裏切ったのは石井でもYOSHI-HASHIでもなく「柴田」ということを考えると、柴田の思いや歴史・血と汗と男の根性が染み込んでいるNEVERに挑戦するというのは悪くないと思うのです。

東京ドームでNEVER王座戦・石井VS柴田の激闘もNEVERの歴史に刻まれているわけですし、ここで石井がKENTAを迎え撃つ構図になるのもまた運命なのでしょう。


仮にKENTAがNEVERを奪取した場合は誰が取り返しに行くのか・・・

スポンサーリンク

後藤か?それともタイチか?NEVER王者KENTAが誕生した場合の挑戦者。

8月31日、夏の終りにNEVER王者KENTAが誕生した場合、次の挑戦者を想像するのも面白いです。

柴田のことを考えれば真っ先に動くべきは後藤でしょう。
自分の親友を裏切って恥ずかし目に合わせたKENTAですから本来ならNEVERとか関係なく動いてもいいぐらいです。

また後藤はG1で石井に勝利をしているわけですから、NEVERに挑戦を名乗りです権利は十分にあるでしょう。

もう1人はタイチ。

石井とのNEVERをめぐる戦い、G1での激闘と激勝があったことはもちろん「KENTAに対しての嫌悪感」はG1前に口にしています。
NOAH嫌いのタイチとNOAHのトップだったKENTAとの戦い、そして鈴木軍とBULLET CLUBという構図が生まれるならこれも相当面白いことになりそうです。

もちろん柴田本人が立ち上がってくれたらいいですが...流石に厳しいかもしれません。
ただ後藤が挑戦することになればBULLET CLUBのセコンドを蹴散らす柴田が見れるかもしれません。

皮肉にもKENTAがNEVER王者になり活躍するほど柴田の活躍を見れることになりそうなんですよね(笑)


プロレスランキング

 

Twitter