鷹木信悟がヘビー級転向宣言!ヒロムの復帰も近いか!?
スポンサーリンク

G1の結果としては残念でしたが、試合のインパクトでいえば1・2を争ったであろう鷹木信悟。
最終戦は「どこか似ている後藤洋央紀」との戦いとなりました。

どこか似ている...どころじゃないですね。
雰囲気からファイトスタイル、コスチュームの色合いまで被ってます(笑)

シリーズを休んで修行を積んで、これで今年結果が出なければ本当に終わってしまう後藤洋央紀は鷹木に勝利をすれば優勝決定戦のチャンスがあるという状況でした。

その上で生え抜きの意地というのもあったことでしょう、鷹木を一切舐めることも上から目線になることもなく全力で新しい敵を豪快なファイトで倒そうと真っ向勝負で戦ったのですが・・・試合が進むにつれて「鷹木の方がパワーがあるのでは...」と思うシーンが連発しました。

ラリアット1発でも迫力が違いましたし、鷹木は後藤ぐらいなら軽々と持ち上げてしまいます。
それでいてスピードも上回っているのですから勝利は必然だったというぐらいに「ヘビー級の後藤洋央紀を力でねじ伏せての勝利」を手にしました。

これにて後藤の夏、そして後藤の修行はまたしても結果に結びつかないという結果に終わったわけですが、ある意味では試合後の鷹木信悟のコメントが最も後藤にダメージを与えたかもしれません。

スポンサーリンク

たった今からヘビー級!鷹木信悟が堂々のヘビー級転向を宣言

試合後の鷹木は「たった今から鷹木信悟はヘビー級だ!」と宣言しました。

まぁ・・・そりゃそうだよね!!と言う感じです(笑)
G1を通して誰よりもパワーがあるように見えましたし、ヘビー級の選手と並んだ時にもサイズ差が全くありませんでしたから、鷹木信悟がジュニアでやっていくことは物理的にも不可能ですからね。

これでジュニアに戻ったら負けることもありえないでしょうし、それこそオスプレイと鷹木がジュニアにいたら他のジュニア選手が日の目を見る可能性が皆無になってしまいます。

何にしても鷹木がヘビー級にいてくれればNEVER挑戦だけでなくIWGPだって狙えると思いますし、対戦カードの幅が広がるので多くの弾は大賛成なのではないでしょうか?

雰囲気が被る後藤からすると鷹木がヘビー級に来ることで完全に存在が消されるピンチになるかもしれませんが・・・、でも後藤と鷹木の素晴らしい試合の第二ラウンドは見てみたいですし、ベルトがかかった試合なんてのも見ることができる可能性がグッと上がります。

ピンチをチャンスにしようとしてできないことの連続だった後藤に新しい好敵手が生まれたというチャンスになるかもしれません。
試合後はノーコメントだった後藤ですが、明日にでもコメントを出して次につなげてほしいですね。

一方で好敵手を失う可能性があるのはSHO。
鷹木信悟という素晴らしい壁を見つけた途端に階級が変わってしまうわけですから、これでシングルマッチをやれるチャンスは大幅に減ってしまいます。

鷹木を追いかけるようにSHOもヘビー転向ということもあるのか・・・?

スポンサーリンク

鷹木信悟がヘビー級に行く、それは髙橋ヒロムの復帰が近い合図でもあるのか?

鷹木信悟がヘビー級に転向するとロスインゴは現在4人がヘビー級となりBUSHIと髙橋ヒロムがジュニアとなります。
髙橋ヒロムは健在欠場中ですので、このままではBUSHIはジュニアタッグにも出場することができません。

ただ、ある意味では髙橋ヒロムの穴を埋めるためにロスインゴに加入した鷹木という存在がヘビー級転向宣言をするということは、髙橋ヒロムの復帰に目処がついたということを推測する手がかりになるかもしれませんね。

明日の日本武道館で発表が・・・なんて可能性も0ではないのではないでしょうか。

もし髙橋ヒロムの復帰と関係なく鷹木がヘビー級に行くとなると、BUSHIの活躍の場が相当少なくなってしまいます。

何にしても鷹木のヘビー級転向というのは多くの選手に間接的に影響を与えそうですね。


プロレスランキング

 

Twitter