高橋裕二郎はいつでも「一番美味しい内藤」を狙えるのだが。
スポンサーリンク

最終戦で揃って負けてトータル成績も負け越しで終わったEVILとSANADA。
そこにSUPER J CUPに参戦するBUSHIが加わってBULLET CLUBとのタッグマッチとなった日本武道館2日目でしたが、ロスインゴらしい部分も十分に出しながらも結果は高橋裕二郎のピンプジュース一発でBUSHIが3カウント負け。

人気という部分でのロスインゴの勢いはとどまるところを知らないですが、結果の部分では低空飛行が続いていますね。

鷹木信悟加入によりロスインゴが強くなったという見方もできますが、でも冷静に見れば「鷹木信悟が凄い」というだけの話。
やはりユニットとしては髙橋ヒロムがいるかいないかで大きな差があるユニットなのではないかと思います。

ところで、高橋裕二郎に関してもユニットの空気を作る選手だと思います。
元々は内藤とのノーリミットで華やかな存在でしたが、今ではヒロ斎藤のようなサポート役に徹しています。
それでも高橋裕二郎がいるだけで試合の空気がまとまるというか・・・

ただ、このまま一歩引いたポジションでレスラー人生を終えるのか?という疑問はあります。

怪我などもあってつらい時期もありましたしトップ戦線の激しい試合はめっきりしていませんが、昨日は鷹木の遠慮のないパンピングボンバーを真正面から受けるなど「もしかしてかなり復調しているのでは?」とも思ったのです。


考えれみれば「一番美味しい内藤哲也」との因縁やドラマあるわけですし「内藤の元パートナー」と明確に名乗れるのは高橋裕二郎ぐらいのものなのですから、あとは必殺技をピンプジュースから東京ピンプスやマイアミシャインに戻すだけでいくらでも美味しいところを狙っていけるバックボーンがあります。

まだ年齢的にもトップを目指せないわけではないですし、この日本武道館2連戦を見て「高橋裕二郎に期待!」という思いが湧き上がってきましたよ。


プロレスランキング

 

Twitter