鷹木信悟の対ヘビー級の夏がスタート!

ダラスの前哨戦の短時間の中でも期待値が上がった鷹木信悟とジュースの公式戦。
前US王者として負けられないジュースですが、鷹木信悟もこの初戦から実力を見せつけたいところです。
ファンからはすでに鷹木はヘビー級と戦ってもトップなのではないか?と思われているというプレッシャーはあるかもしれませんが、
そのファンの想像を現実にするためにはいきなりから勝利を手にしたいでしょう。

ファンの多くは優勝候補としてこの二人を推してはないですがこの試合が終わり、この日の大会が終わった時点でファンが手のひらを返すような試合になる可能性も高いですし、Bブロックの開幕戦となるこの試合はBブロック全体のハードルを上げることになるのではないか?という期待も大きいです。

さて、試合の結果は・・・

鷹木信悟は前US王者をどう感じたか

予想通りバチバチモードになっていたジュースと鷹木信悟ですが「タイトルマッチかよ!」と思うほどの好勝負となりました。
お互いに似た攻撃もありつつ相性が良い(というか返されやすいという点では悪いと言うべきか)こともあって、見応えのあるラリアット合戦や返し技の攻防には鳥肌が立ちっぱなしでした。

ただ、鷹木のパワーでジュースが吹っ飛ぶシーンが何度もありましたが、それでもジュースにまだ余裕があるようにも見えるんですよね・・・。

ジュースが振り抜いたラリアットは鷹木の首が取れたのではないかと思うぐらいの勢いでしたし、スピードでもジュースは負けていませんでした。
また、少し鷹木は気合いが空回りしたところもあるのかいつもよりも動きがもたつくこともあるなど(珍しい)対ヘビー級というところで余分な気負いがあるのかもしれません。

ライバル関係にすらなれそうな素晴らしい試合の勝利を手にしたのは前US王者のジュースとなりました。
そういえば内藤がインタビューで「NEVERとUSはやっぱりIWGPやICに一枚落ちる」という発言がありましたが、そのUSの前王者からしっかりと3カウントを取られてしまった鷹木は悔しいでしょうね。

まだ鷹木が負けることを見慣れていないのですごく違和感がありますし少しショックすら感じてしまいましたが、オスプレイも鷹木信悟も黒星スタートということは想像以上にヘビー級との差がある・・・ということなのかもしれません。

ただ、ここから先も元王者や現王者とばかり戦うことになりますが、このジュース戦で更に鷹木信悟は強くなるはずです。
そしてヘビー級からも白星をあげてくれることでしょう。

右腕がどこまで耐えられるのかが心配ですが、最終戦まで飛ばし続けてほしいですね!


プロレスランキング

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter