go 2 sleepで眠らせたのは飯伏ではなくヒデオイタミであってほしい
スポンサーリンク

セミファイナルは前インターコンチネンタル王者でもあり、おそらく今年の優勝候補として最有力との声が最も多い飯伏幸太が登場。
対するは元WWE...という看板を堂々と背負えないぐらいの時代を過ごし、新日本プロレスに最後の可能性を求めて参戦したKENTAの戦い。

飯伏幸太は新日本プロレス所属として挑むG1ですから初戦で外様に負けることはできません。
一方のKENTAはアメリカで「本当のKENTA」を見せることができる大チャンスという状況での戦いとなります。

新日本プロレスらしいカードかと言われればNOですが、これを新日本プロレスらしいカードにしていけるかどうかもこの試合に懸かっていた部分があると思いますしKENTAはここからインパクトを残していかないと新日本プロレスファンには受け入れられないかもしれないですし、かなり重要な試合だったと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

KENTAの試合勘が戻っていなかったか?

おそらくNOAH時代のKENTAのイメージを持っていたファンは「あれっ?」と思ったのではないでしょうか。
僕もその一人で...明らかに試合勘が戻っていないなという印象を受けました。

飯伏幸太とKENTAという打撃の名手の戦いは刺激的で見ごたえもありましたし、見たかったKENTAの技が見れたという点では嬉しさを感じる試合ではあったのですが、やはりWWEで過ごした期間にプラスがなかったのか動きがもたつくシーンが多々見られました。

もちろん新日本プロレスのリングに慣れていない部分もあるでしょうし、肩の怪我なども考えるといきなり100%でスタートするというのはリスクになってしまうかと思いますが・・・

飯伏の攻撃を受け切る内藤の姿を今年は散々見てきているので、KENTAがまだそこまで受けることができていなかったことが目立ってしまったということもあるのかもしれません。

最後はgo 2 sleepでKENTAが勝利しましたがこの試合で新日本プロレスファンが「KENTA!新日本プロレスに来てくれてありがとう!」とはまだならないのかなと思いました。

逆に飯伏幸太は新日本プロレスを背負い、優勝候補と言われ、また前インターコンチネンタル王者であり昨年の準優勝者として敗北したという大きな十字架を背負うことになったのかもしれません。

ここから飯伏幸太が優勝まで行くことができれば権利証の防衛戦でKENTAと再戦ということもあるのではないかと思いますが、もし実現するならKENTAの試合勘が100%が戻っていてほしいなぁと思いますし、簡単に言えばヒデオイタミを引きずっている今の状態ではなくKENTAに戻っていてほしいなと思いました。

go 2 sleepで眠らせたのは飯伏ではなくヒデオイタミであってほしいですね。


プロレスランキング

 

 

Twitter