鈴木みのるが世界中の鈴木軍・鈴木軍予備軍・鈴木みのるマニアに闘いの準備を指示

獣神サンダーライガーとの遺恨がブツ切れ状態となり、また新日本プロレスに様々な話題がある中でフラストレーションを吐き出す場所も見つからずに話題も少ない鈴木みのるが・・・謎の呼びかけをしました。

まず「巨大になり力を持った新日本プロレス」に対して「お前らの思い通りになると思うな」「好き勝手やりやがって」と怒りのコメントをしましたが、本当に鈴木みのるという選手は怒っていてもコメントが的確ですよね。

新日本プロレスが巨大化していることから目を逸らすことなく認め、そして「好き勝手」というのはもうここ最近のジェリコやモクスリーやKENTAの参戦なども含めて「調子に乗りやがって」ということを、新日本プロレスに継続参戦していて「新日本プロレスの選手」と言ってもおかしくない鈴木みのるがしっかり外敵目線で語るというのはファンとしてとても嬉しいです。

こうじゃないとユニットが沢山あっても何の意味も刺激もありませんからね。

さて、その後に出てきた言葉というのが・・・今よりもっとワクワクすることがあるの!?というようなものでした。

鈴木みのるが世界の仲間たちに「闘い」を呼びかけた

日本中、世界中に散らばっている鈴木軍と鈴木軍予備軍、そしてみのるマニアに対して「闘いの準備を始めろ、その時はもうすぐだ」とメディアに対して話し、メディアから世界に届けるように指令を出しました。

鈴木みのると関連性があるレスラーは数多くいますし、それを鈴木軍や鈴木軍予備軍という形で新日本プロレスへの殴り込みを指示しているのでしょうか?

そしてマニアというのはファンのことだと思いますが、鈴木みのるという軍団を背負いながらもどこか孤高で一匹狼な印象もある男がある意味では世界中の仲間とファンの力を求めているという状態はとても面白いです。

もちろん、これは鈴木みのるが「俺を助けてくれ」と言っているわけではないでしょう。

鈴木みのるも年齢的にはキャリア終盤ですし、そうなれば当然鈴木軍というユニットもこの先何年も続くものではありません。

それであれば・・・鈴木軍としての最終戦争の準備に入ったということなのではないでしょうか。

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter