KIZUNA ROAD 2019『CHAOS対鈴木軍 本隊対BULLET CLUB』YOSHI-HASHI試練のシリーズ
スポンサーリンク

KIZUNA ROAD 2019のカードですが、CHAOSは鈴木軍との戦いが中心となり本隊はBULLET CLUBとの戦いが中心となります。
CHAOSはSHOとYOHのタッグタイトル戦や矢野がNEVER6人などなりますが、最終戦のメインイベントがザックセイバーのブリテッシュヘビー級にYOSHI-HASHIが挑戦するということになっていますので・・・

KIZUNA ROAD 2019の主役はYOSHI-HASHI、ということになります。

またもう1人の主役は最終戦のセミでエルファンタズモに挑戦する田口ですが、こちらもエルファンタズモとの前哨戦が多くなりますし、棚橋弘至とジェイの構図も継続ということで本隊とBULLET CLUBの戦いが続くシリーズになります。

スポンサーリンク

YOSHI-HASHIはG1に出場できるのか?

今年のG1はハイレベルかつ狭き門となることが現時点で想像できる状態です。
YOSHI-HASHI選手は当落線上に立っているという立ち場であると思いますが、この最終戦でザックに勝利してブリテッシュヘビー級王者になれば出場できる!!というように見えるのですが・・・

残念なことにG1出場者発表は6月16日の後楽園ホール大会で発表なのです。

YOSHI-HASHIのタイトルマッチは最終戦ですから、そこでの結果は考慮されません。

それどころか、恐らく今年のメンバーでYOSHI-HASHIがエントリーされていた場合に仮にまたタイチなど出場してほしいファンが多い選手が削られたらまた大炎上するでしょう。

そしてその中でベルト奪取ができなければ火に油を注ぐ状態になることは想像に難くないです。

逆にエントリーされずにベルト奪取をしたら「G1出してあげてよ!」という声が増えることになりますし、何よりエントリーされない上に負けたら「もうYOSHI-HASHIはいいよ」となってしまうわけです。

簡単に言えばどうやっても勝利しないといけないということですよね。

隙間シリーズですけどG1前のシリーズの最終戦のメインでタイトルマッチ挑戦なのですから、ここはYOSHI-HASHIラストチャンスというぐらいの重要な戦いになることは間違いありません。

YOSHI-HASHIは肝心な試合の前にかならず怪我をするので、このシリーズは万全の状態で最終戦まで行ってほしいです。
千羽鶴ならす千匹飛び魚でも折って願いたいところですよ(笑)

あと、棚橋弘至の「おれんとここいよ」から約1年です。
結局棚橋はYOSHI-HASHIを引き上げるどころか自分が不調になってもがいている状態になっています。

この状況でMSGで棚橋を完封したザックを倒してベルトを奪えば、ある意味棚橋弘至も救われるような気がするんですけどね。

スポンサーリンク

鈴木軍の序列や構図も気になるキズナロード。ライガーと鈴木みのるが組まれないという謎。

鈴木軍はザックとYOSHI-HASHIの構図に付き合うような感じになるわけですが・・・それにしても謎を感じるカードになりました。
まずランスだけ参戦してスミスがいないぐらいのことは気にならないのですが、あれだけ「俺は鈴木軍じゃねぇ!」と言っていたDOUKIが前シリーズで鈴木に「面白いやつじゃねーか」と上から目線で褒められ、反発するかと思いきやあっさり鈴木軍入り。

更にはタイチ抜きでも鈴木と組んでいるわけですから、DOUKI一筋で追いかけてきたファンの人たちは「あれだけ自分は泥水を吸ってきたとか言ってたのに1ヶ月で長いものには巻かれてるじゃん!」と怒る人もいるのではないでしょうか(笑)

もちろんDOUKIが鈴木軍を乗っ取るための爆弾という存在なのかもしれませんが、現時点でカードだけ見てしまうとあの色気のある狂気的なイメージが崩れてしまいました。

そしてもう1つ納得できないのが、新日本プロレスのカードの並び順です。
画面でいうと格上の選手が画面下側から表記されるわけですが、NEVER王者の間はタイチが一番上だったじゃないですか。
それが、負けたとはいえあれだけの激戦をして人気も実力も示しているのに、このシリーズから鈴木・ザック・アーチャー・タイチという並び順になってしまいました。

オカダや棚橋や内藤はベルトを落としても一番の表記ですが、タイチの場合は今年これだけ活躍してもこの扱い?というのはファンとして悲しいですね。

何ならG1にエントリーされないのでは・・・という予感すらしてきました。
鈴木・ザック・アーチャーが仮に参戦するとして、4人も鈴木軍からG1にエントリーされるほど今年は空き枠が無いような感じですし・・・

そしてライガーと鈴木みのるのブツギリ抗争も違和感があります。
最初は盛り上がりましたが、その後は同じ大会にいるのにカードが組まれないこともありましたが、今回は丸々1シリーズライガーと鈴木みのるの戦いがありません。

そこからG1に入るわけですから「秋まで引っ張るの!?」という感じですし、もしかしたら東京ドームまで引っ張るのかな・・・なんて気もしてきました(笑)

獣神サンダーライガー、本当の最終章に入っているわけですけど『思ったよりライガーさんの引退ロードが地味だぞ?』ってファンは思い始めていると思うんですよ。

鈴木みのるとのある意味友情・男気対決に始まり、そこから色々なことがあると思っていましたが全く進展がないままで引退まであと7ヶ月しかありません。

この結論はいつ見ることができるのでしょうか?


プロレスランキング

 

Twitter