試合後のオスプレイは「この試合は世界規模で話題になるかもね」とコメントをしています。

そりゃ・・・なるでしょう!!

正直ビビりました。
ロッキーロメロの実力は来日当初から見ているので当然知っていますがタッグ屋のイメージが強いですし、この直近は絶好調でしたが近年を振り返れば一線級での戦いはしていませんでしたから。

それが何ですかこの名勝負は...試合を見ていてパソコンのモニターに向かって叫びまくりですよ(笑)

Aブロックは鷹木とSHOがとてつもない名勝負をしてハードルを一気に高くしましたが、Bブロックはこのオスプレイとロッキーロメロの試合で他の選手は相当焦るぐらいの状態になるほどハードルが上がったのではないでしょうか?

終わったか?と思ってから10分以上の激戦。ロッキーロメロもNEVERを狙える選手だ!

試合序盤から「ロッキーロメロってオスプレイぐらいの動きが平気でできるんだな・・・」と驚いていたのですが、それでもNEVER王者になりヘビー級を倒し、ニュージャパンカップでも活躍した優勝候補のオスプレイとロッキーロメロの試合ですから長期戦にはならないと思っていました。

15分ぐらいのところで「そろそろオスプレイが勝負に出て勝利するのかな」と見ていたら、オスプレイは勝負に出ているのにそれを上回るロッキーロメロの動きに唖然。

その後も1分単位で「終わったか!」「え!まだ!?」という攻防が続き、その中ではロッキーロメロが勝てる!というシーンも数多くありました。

終盤では「泣かすぞコノヤロー!!」からの強烈なパンチを叩き込むなど、この試合はいつも明るいロッキーロメロではなく「ジュニアのトップ選手のロッキーロメロ」をまざまざと見せつける超好勝負となりました。

最後はオスプレイがストームブレイカーで勝利しましたが、印象に残ったのは「ロッキーロメロすげぇ・・・」という人ばかりなのではないでしょうか?

手薄と思っていたBブロック、ハイレベルのAブロックという印象でしたがロッキーロメロがここまでの試合を見せたことで話が変わってきましたね。

そしてこの試合を見たであろうSHOとYOHへの刺激も相当なのではないかと思います。

ところで・・・オスプレイとこれだけの試合をしたならNEVER、狙えますよね。
まだまだ一歩退くような選手じゃないです。

 

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

 

Twitter