9試合で2敗で望みが絶たれそうなぐらいの今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアということで、共にギリギリの状態だったYOHとバンディードの戦いでしたがYOHが覚醒を感じさせるドラゴンスープレックスで見事な勝利を手にしました。

タッグ選手権試合でBUSHIを倒したドラゴンスープレックスですが、投げっぱなしドラゴンスープレックスからのドラゴンスープレックスは90年代を感じさせながらも今の時代ではリバイバルというか逆に新しく感じる見事なフィニッシュでしたね!!

まさにいい風が吹いてくるかのような風圧を感じるドラゴンスープレックスでしたが、考えてみると相方のSHOがドラゴン・鷹木信悟とドラゴンリーという2匹の龍の前に沈んでしまった中で、YOHがドラゴンスープレックスで勝利したというのは意味深なものを感じますね。

YOHがドラゴン殺法で昇り龍へと変貌していくベスト・オブ・ザ・スーパージュニアになるのか?

・・・3匹目の龍の誕生か?

そんなことが、ふと頭をよぎりました。

仮に鷹木信悟が決勝へ来た場合にYOHがドラゴンスープレックスで勝利して、そしてドラゴンリーとのタイトルマッチにこぎつけた時にドラゴンスープレックスで勝利したら...2匹の龍を食ったとんでもない龍が誕生するかもしれません。

この先にはオスプレイやエルファンタズモという強敵が待ち構えていますが、風神が龍に変貌をして暴れまわった結果、もしかして・・・という可能性もあるのかもしれません。

今回倒したバンディードにしても強敵だったわけですし、これで勢いに乗ればまさに昇り龍のように舞い上がる姿が見れるのかもしれませんね。

ただ個人的な予想ではオスプレイやエルファンタズモよりもYOHへのリベンジに燃えるBUSHI戦が重要なのかな?と思います。
BUSHIからすればあれだけこき下ろしていたYOHにタイトル戦で負けてシングル戦でも負けてしまったらもう発言権が無くなりますからね...

 

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

 

Twitter