初戦でジョナサングレシャムとの味のある試合を制したマーティースカル。
そして初戦で王者ドラゴンリーを破り勢いに乗る石森太二の一戦。

石森太二が挑発している鷹木信悟との戦いはリーグ最終戦となるだけにどちらも少なくとも1敗差までで最後まで進んで直接対決で決着としたいところでしょう。

仮に全勝同士であっても勝利したほうが決勝進出ですし、1敗差なら勝利して勝ち点が並べば直接対決の結果から優劣が決まりますから最終戦の鷹木信悟と石森太二を最重要試合として考えるのであれば、そこまでがお互い全勝でも片方が1敗差でも同じことだったりするんですよね。

この試合は元IWGP王者対決ということになるわけですが、それ以外のテーマとしてBULLET CLUBと元BULLET CLUBの対決という見方もできます。

一応マーティースカルはELITEがBULLET CLUBを抜けた時点で彼も抜けているのだと思いますし、現在はヴィラン・エンタープライズという軍団を結成していますからね。

今回のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参戦の目的は優勝はもちろんのこと、そのヴィラン・エンタープライズのメンバー探しでもあるという発言をしていますのでこの試合に限らずベスト・オブ・ザ・スーパージュニア最終戦までマーティースカルの言動には注目ですね。

後は鷹木信悟を倒すのみ!石森太二が強敵から二連勝!!

やはり実力者同士だけあって激闘となりましたが、試合は前王者の意地を見せた石森太二が劇勝。
これにて鷹木信悟と石森太二、ドラゴン・リーとマーティースカルという4人の優勝候補から鷹木と石森が2連勝となりました。

そしてこの二人はリーグ戦の最後に公式戦で直接対決がありますので、そこまで二人共全勝で進むことができれば決勝戦よりも熱い試合になるのかもしれないです。

ただやはりマーティースカルも相当な実力者ですからここから7勝1敗で進んで行けばいいですし、鷹木信悟戦に勝利をすればチャンスは出てきますからね。
もちろんドラゴン・リーに関しても鷹木信悟に、、、というかもう石森がドラゴン・リーとマーティースカルに連勝しているわけですから後は鷹木信悟を攻略できるか?というところがこのブロックの焦点なんですよね。

 

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter