明日はエルファンタズモとBUSHIの公式戦が行われますが、その前哨戦として内藤&BUSHIとエルファンタズモ&外道のタッグマッチが行われました。
あまりBUSHIとエルファンタズモの派手な絡みがなかったので、逆に明日の公式戦が楽しみになりました。
エルファンタズモに関しては新日本プロレスに来ていきなり負けるわけにはいかないですし、逆にBUSHIからすれば初戦でオスプレイに負けているだけに2連敗をしてしまうと残り全勝でも間に合わないかもしれませんからね。

さて、この試合に関しては内藤とエルファンタズモの絡みというのも楽しみでした。
というのもどうにもベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに入ると「このシリーズはジュニアが主役だから」と言い、一歩退くというよりは元気がなく見える内藤哲也への刺激になるのではないか?と思っていたからです。

ですがやはり内藤哲也に元気がないように見えるという印象は変わりませんでした。

また、これは実況でも言われていましたが内藤哲也が連日のノーコメントなんですよね。
ミラノさんの「内藤ならこういうだろう」という真似が完璧すぎて爆笑しましたが、そのまま丸かぶりでもいいのでなにかコメントを出してほしいなぁとファンは思っているでしょうね。

もちろん理由としては「ジュニアが主役のシリーズだから」かもしれませんが、それでも昨年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアではヒロムとのおもしろ試合後コメントでファンをニヤニヤさせてくれていますし(笑)それこそ今年の今現在の状況を考えると「飯伏もオカダもチャンピオンはサボりですか?」ぐらいのことは言うはずなんですけどね、、、

このまま何も語らずに両国で前哨戦、大阪城ホールでタイトル戦となるとなると少々寂しいものがあります。
あれだけ前シリーズでは口撃の応酬になっていたわけですからねぇ。
あ、もしかしてクレーマーと言われたことが意外とこたえているのか?いやそれはないでしょう(笑)

ノーコメントでも注目される内藤哲也

そんなことを考えていると本当に内藤哲也という選手は凄いなと再確認しました。
ノーリミット時代も生意気発言などは注目されましたし、ブーイングをされている時代もある意味注目されていたわけですが、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンになってからの内藤哲也はその時とは桁違いな存在感ですよね。

僕で言えば全選手の中で内藤哲也が一番好き!というわけでもないのに、新日本プロレスの公式スマホサイトを開いて最初に見るのは内藤哲也の試合後のコメントです。
タイトルマッチだろうが第二試合目だろうが、G1中の公式戦がない日だろうが内藤哲也のコメントを最初に見ようとしてしまうという時点で完全に手のひらに乗せられています。

内藤はどんな発言をしたのだろう?という部分にファンは誰しも注目するわけですが、逆に内藤がノーコメントを連発すると「なぜ何も言わないのだろう?」と深読みするというか、喋ってないのに大声を出しているぐらい注目されるわけですから、これはもう異次元のレスラーです(笑)

伝えたいことは声に、言葉にしないと伝わらないと内藤哲也は他のレスラーに対してもファンに対しても伝えてきました。
それを徹底することで「何も言葉にしない無音の大声」という武器まで手に入れたわけですからね。

今日はコメントがあるのか?それともノーコメントなのか?
たったそれだけのことでベスト・オブ・ザ・スーパージュニア期間中でも目立ってしまうのがカリスマであるということなのでしょう。

 

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter