SHOと鷹木信悟のシングルマッチはとてつもない激闘に!BOSJのハードル急上昇!

スゲェとしか言いようがない。
鷹木信悟とSHOの因縁の戦いですが、タッグマッチで当たっても尋常じゃないプロレスをこれまで何度も見せていたわけです。
それがシングルマッチでしかもベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの公式戦となるとどんな試合になるのか?と想像を膨らませていましたが、想像を遥かに超えるとんでもない試合になりました。

新日本プロレスがどんなに華やかになっても、結局ファンの心を掴むのは意地の張り合いや肉弾戦、ハードヒットの試合です。
その最たるもの、最上級、ベスト、色々な言い方があると思いますが何にしても最も素晴らしい試合を鷹木信悟とSHOが開幕戦という「後先を考える舞台」で「後先を考えず」に見せつけてくれました。

SHOと鷹木、最高のライバル物語が開幕

鷹木信悟はSHOに対して「遊び相手程度」と言いながらもバチバチに意識していることは誰しも伝わっていましたし、SHOもこの試合に向けてはロッポンギ3KのSHOでもCHAOSのSHOでもなく「SHO個人」として挑んでいました。
コスチュームもシングル仕様ですし髪色も真っ黒に戻してただ真っ直ぐ飾りっ気無し、アクセサリーは魂だ!ぐらいの勢いでリングに上がったと思います。

試合序盤に「おぉ・・・」と声を出してしまったのは手四つのシーン。
最近の新日本プロレスで手四つで見せることができるシーンなんてあったでしょうか?
いや、そもそも手四つなんてしない試合が大多数なわけです。


昨年のSHOとKUSHIDAの試合でも感じましたが、今の新日本プロレスで「新日本プロレスらしい試合を」するレスラーはもしかするとSHOが一番なのではないでしょうか。

試合は序盤から意地の張り合いでした。
お互いの攻撃をとにかく受ける、そしてその攻撃は全てが一撃必殺レベルの勢いなのですからとんでもないです。

この試合はSHOが鷹木信悟に対してどこまで意地を見せるのか?ということが1つのテーマでしたが、もう1つ重要なのは「これまで見せていた鷹木信悟は序章に過ぎない」という部分を鷹木が見せることができるか?でした。

そして両者ともにシングルプレイヤーとしての実力を世界中に見せることができるのか?という試合だったわけですが...結果は『これ以上が想像できないほどに高い次元の結果を見せつけた』が正解でしょう。

東京ドームのメインでも誰も文句を言わない黄金カードがまた1つ誕生しました。

ロスインゴよりもSHOにとって最高の存在となった鷹木信悟

ロスインゴを更に大きくするために加入した鷹木信悟ですが、こうなってくるともうロスインゴにとっての影響力よりもSHOにとっての影響力の方が大きいでしょう。
この試合では結果的にSHOは鷹木信悟というとてつもない大きな壁の前に沈んでしまいましたが、この試合でSHOの評価はもちろん実力が何枚も上までレベルアップしたはずです。

鷹木信悟の強烈なパンピングボンバーを1発受けるたびにとてつもない音が響きそして吹っ飛ばされていたSHOですが、あの「バチーーン」という音はSHOのレベルアップ音なのではないかと思うぐらいです。


負けてはしまいましたがSHOはこの試合でより強くなってここからまだ8戦ありますから、逆転優勝をしてIWGPを手にして鷹木信悟を逆指名するぐらいの勢いになってもおかしくないと思います。

試合後にSHOは「俺が決勝に行くには俺以外が鷹木に勝つということ」になるという悔しい現実を望むしかないことを話していますが、それでも勝ち残れば鷹木信悟と再戦するチャンスは近くなりますからね。

また、鷹木信悟に関してはリーグ戦で負けるイメージが全くないですね...どこまで無敗でいけるのか?というこの先の展開にも大注目ですし、また鷹木信悟の存在はジュニアだけではなくヘビー級の選手にも相当な影響力を生むと思います。
特にこんな試合を見せられたら飯伏幸太や石井はウズウズしてしまうのではないでしょうか・・・

それにしてもこの試合は鷹木信悟に勝ち点6、SHOにも勝ち点3ぐらいあげてほしいぐらいですね(笑)


プロレスランキング

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

 

Twitter