久々に「大泥棒復活」という感じで活躍している矢野通。
マディソンスクエアガーデンのバトルロイヤルでも矢野ワールドで大歓声を浴び、更にはタッグタイトル戦後にベルトを盗んで逃げるなど大活躍でしたが、このシリーズの中でNEVER6人とIWGPタッグ戦の両方に勝利すればなんと二冠になるという大チャンスです。

更にはビジネスチャンスとして「Y・T・R!V・T・R!Ⅶ CHAOS結成10周年記念 登別修学旅行」の発売もありますが、この作品の収録で訪れた北海道・登別市の観光大使に就任されるなど絶好調です。
北野エースとのコラボでカレーを発売したり(まんまと買いました、辛かった)もしかすると今年は新日本プロレスで一番目立つのでは?という可能性すら感じます(笑)

そんな中、東スポさんで矢野通の記事が出ていたのですが、文章だけ見ると「誰だよコイツは」「エースかよ!」というぐらいの優等生コメントを出しています。

「恩返しの意味も込めて、いつかタッグのタイトルマッチを登別大会でできたら一番いい」と、観光大使として新日プロのタッグ王座戦招致を画策する。真壁、田口隆祐(40)とはNEVER無差別級6人タッグ王座も保持しており「6人タッグ、そしてIWGPタッグ王者として凱旋できれば」と2冠取りへ、闘志を燃やしている。

矢野通ってこんな人でしたっけ・・・(笑)
本隊と組むようになり、棚橋弘至が欠場する中でエースの座すら盗もうとしているのか!?
しかしGBH復活ということはあの頃の荒々しい矢野通が戻ってきても良さそうなもの。

何か企んでいたりするのでは・・・と思ってしまいました。

こうなると昨日の本間の試合後のコメントも若干気になってくるんですよね。

本間「『ROAD to レスリングどんたく』、今日の試合以外、ずっと俺が負けてる。俺が負けなきゃ、チームは勝つ。でも今日は、矢野選手が勝った。これでいいのかって? 俺、非常に今、焦りあります。っていうのは、4月29日、熊本、そりゃあ応援しますよ、真壁さんのこと。でも、でも、真壁、矢野(組)……俺の恋人を盗られたみたいな感じで。戸惑ってます。

(ベルトを)獲ってほしいような、獲ってほしくないような。非常に(気持ちは)揺らいでます。

――4.29熊本ではセコンドには付きませんか?
本間「付けるような付けないような……」

もちろん怪我をして復帰したものの、明らかに石井とシングルでバチバチでやれていたころにはコンディションが戻っていないので、それに対する自分へのショックや現状からの無念のコメントだと思うのですが・・・

でも、考えてみると大泥棒矢野通にパートナーを盗まれたという感覚であれば何らかの形で取り返そうとする可能性もあります。
セコンドへ付きませんか?という記者の質問とその回答のあやふやなところも何か起こりそうなんですよね。

また、逆に矢野と本間が結託してBULLET CLUBへ・・・なんて可能性も1%ぐらいあるのではないでしょうか。
矢野と邪道・外道の結束力というのは消えていないかもしれませんし、何ならそろそろ「オカダの周りにもう1人裏切り者がいる」という伏線の回収もしてほしいですし(笑)

まぁこれに関してはライガー選手が大はしゃぎして、僕もブログで乗っかりましたけど選手の離脱騒動などで一度お蔵入りしているような気がするのですが(ジェイホワイトも全然この件には触れませんし)でも2018年に新日本プロレスファンに刺さった展開のトップ3には入るであろうあの発言を放置ってわけにもいかないでしょうからねぇ。

 

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter