飯伏幸太「またあの人と闘えるところまで持っていきたいです」は誰?

IWGPインターコンチネンタル王者としてザック・セイバー・ジュニアを迎え撃つ飯伏幸太。
内藤哲也との激闘に勝利した飯伏幸太と、その飯伏幸太が神と呼ぶ棚橋弘至から完勝をしたザック・セイバー・ジュニアのシングルマッチが控えているので楽しみですよね。

シリーズ開幕戦では試合後に食らったザックドライバーでのダメージが大きくノーコメントですが、昨日の大会ではようやくインターコンチネンタル王者としてのコメントを出すことができた飯伏幸太。
そのコメントに気になるところがありましたね・・・

飯伏幸太のいう「あの人」とは?棚橋・内藤、それもケニー?中邑?

試合後に飯伏幸太が話したコメントに反応した新日本プロレスファンの人は多いと思います。
妄想を広げて楽しめるナイスなコメントですね(笑)

なんとか、このベルトを、またあの人と闘えるところまで持っていきたいです。ま、とりあえず、まずは、一番苦手なザック・セイバーさんとやりますよ。まあ、とりあえず、見ててください。

「またあの人」って飯伏幸太が言うと結構深いですよね。
同世代や交流が深い人にも丁寧な(相手を上に見て話す)飯伏幸太なので、当てはまる人がとても多いです。

例えば神と崇めてインターコンチネンタルでも絡みのある棚橋弘至。
ただファンの目線では棚橋弘至が一気に低迷して欠場しているのに「闘えるところまで持っていきたい」という言葉がひっかかります。
これは前王者の内藤哲也も同じで、該当はするのですが自分が倒したばかりの相手に対しての言葉としては少しズレがあるのかなと。

となると新日本プロレス時代としては差をつけられたケニーオメガであったり、もう1人の神でありねじ伏せられたこともある中邑真輔を指している可能性も0ではないでしょう。

ただ、飯伏幸太は丁寧というか相手を見下す選手ではないので誰を対象にしても「その人が上、尊敬している」というスタンスですので「闘えるところまで持っていきたい」という表現も誰にでも該当してしまうんですけどね。

マディソンスクエアガーデンでは滾りポーズからのボマイェも見せた飯伏幸太ですし、棚橋弘至との勝負は完結していると考えると・・・まぁ夢のような話なのかもしれませんが。

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter