テーマがないということで注目を集めてしまう内藤哲也は凄い
スポンサーリンク

「内藤哲也のテーマがない」「ロッキーロメロが相手・・・」とこの数日間で何度も書いていましたが、シリーズ開幕戦となったつくばカピオアリーナのメインで勝利してからの締めで「テーマがないことを武器にテーマがある選手よりも注目される」という魔術を見せつけてくれました。なんとも凄い人ですね...

スポンサーリンク

CHAOSとロスインゴのトリプル前哨戦

メインイベントとなったこの試合はCHAOSとロスインゴのトリプル前哨戦という形になりました。
IWGP戦としてオカダカズチカとSANADA、IWGPjrタッグ戦としてSHO・YOHとBUSHI・鷹木、そしてノンタイトル戦ではありますが石井とEVILのシングルマッチも控えていますので当然火花を散らす試合となっていました。

ジュニアタッグの4選手に関してはやはり鷹木信悟とSHOのバチバチの男臭い戦いが目立ちますが、徐々にその影響なのかYOHとBUSHIも熱さが出てきているので相当熱いタイトルマッチになりそうだなと期待が高まりました。

ところで試合後にYOHが「ジュニアタッグをもっと高い位置にまで俺らが持っていくから。」と力強く宣言していますが、どういうわけか新日本プロレスでは「何々の価値を上げる」的な発言をするとそのポジションから遠ざかるというジンクスがありますのでCHAOS有利となるかもしれません(笑)

さて、新日本プロレスにとって頂天であるIWGPタイトルマッチの前哨戦となったオカダカズチカとSANADAですがニュージャパンカップ決勝で戦っての流れですので急激にライバル感が出てきていますね。


SANADAも表情が出てきて試合後のコメントも出しているように無口でクールなロスインゴのSANADAから進化するために少しだけ真田聖也を開放してきているような印象を受けます。
一方でマディソンスクエアガーデンでIWGPを手にし、そして結婚発表まであり過去最高の状態になっているであろう王者オカダカズチカもまだまだ余裕たっぷりという試合を見せていました。

至宝も家族も手に入れたオカダカズチカがスカルエンドで自らの口からギブアップを言うことはないでしょうし、SANADAはムーンサルトプレス一発で仕留められるのでしょうか・・・

インタビューでは後藤洋央紀のオリジナル技について評価していたSANADAですが、そろそろオリジナル技を考えていてもおかしくないですね。


前シリーズで遺恨が生まれたEVILと石井ですがこの二人は試合しなくても「合うだろうな」と誰しもが思うでしょうし、シングルマッチが楽しみでなりません。
ノンタイトル戦ですが価値が高い試合になることでしょうし、万が一に凡戦になるとしたらどんな試合だろう?と想像してもどうやっても凡戦になりませんでした(笑)

試合後にEVILは「この状況で石井じゃなきゃケンカを売ることも買うこともなかったよ。」と発言をしていますが、変な話ですけど石井とシングルマッチをやれば多くの選手が記憶に残る名勝負となりますし、EVILとしてはベルトからも遠い&相方のSANADAがメキメキとトップへの道を歩んでいるという状況を打破するには石井という相手がベストだったのではないでしょうか。

モヤモヤしているEVILのフラストレーションを石井なら全て受け止めた上で全力で返すでしょうし、、、何となくですがいつの日か同じコーナーに立っているなんてこともありそうな気がするんですよこの二人。

スポンサーリンク

内藤哲也の見ている先は?どんなテーマを持ちどんな行動を起こすのか?


試合はテーマのない内藤哲也がテーマのないロッキーロメロをデスティーノで倒してロスインゴの勝利。
デスティーノで脚からリングに着いたので「また膝が・・・」と不安になりましたが大丈夫なのでしょうか。

そんな内藤哲也、前哨戦でもなければテーマもない中で大会の締めを行いましたが、その発言で一気に内藤哲也に注目が集まりました。

テーマがないなら自分で見つけるよ。いや! 次のテーマが見つかってるかもしれないね。俺の次なるテーマはいったいなんなのか。みなさまでいろいろ想像しながら楽しんでください。」

こんなことを言われてしまったら、内藤哲也の一挙手一投足に注目せざるを得ないです。
そしてすでに「オカダカズチカとSANADAの勝者はどっちだろう?」と想像するより「内藤哲也は何をするんだろう?」と考えるファンの方が増えているのではないかと思うと内藤哲也恐るべしです。

内藤哲也のコメント力というのは生意気小僧時代(NO LIMIT)の時も冴え渡っていましたが、年々磨きがかかっていますね。
まぁNO LIMITとロスインゴの間の時代は「棚橋弘至の後を継がなければ」と優等生になってしまってその魅力は消えていましたから、本当にロスインゴに出会ってよかったなぁと思いますね。

そして試合後も「もう目星はついてるんだよね」と追い打ち。

「目星」というのが何らかのベルトなのか、それとも選手なのか、はたまた試合どうこうではなくロスインゴ全体として起こす何かなのか。

これがなくても楽しみなシリーズなのに更に楽しみが増えましたね。


プロレスランキング

 

Twitter