【レスリングどんたく】オカダカズチカの初防衛戦はSANADA!石井とEVILのシングルも!石森太二のパートナーはエルファンタズモ?

飯伏幸太とザックもそうですが、マディソンスクエアガーデン後は妙に選手の言ったままにカードが決まっていきますね(笑)
レスリングどんたくでは「マディソンスクエアガーデンでIWGPを獲ったらSANADAさんと防衛戦をする」と宣言をしていた通り、初防衛戦の相手はSANADAとなりました。

マディソンスクエアガーデンのメインをしっかり締めて大観衆からのオカダコールに「see you next time」と答えたのはやはりSANADAを意識していたのでしょうか。

また突如として試合中に激しくやり合って内藤と飯伏の前哨戦なのにそれ以上に目立っていた石井とEVILもセミファイナルでシングルマッチが組まれます。
名勝負製造機の石井に対して今年絶不調のEVILはどのような試合をするのか。

マディソンスクエアガーデンで輝いたオカダカズチカとマディソンスクエアガーデンで消えていたSANADA

マディソンスクエアガーデンのメインで激戦を繰り広げたオカダカズチカに対して、タッグ4WAYに登場したSANADAとEVILは存在感なく敗北したというのが試合を見ての素直な感想です。
ただSANADAはシングルプレイヤーとしてニュージャパンカップで急激に頭角を現しましたし、ここでオカダカズチカに勝利すれば一気に新日本プロレスのトップに立つことができる大チャンス。

更にはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの中でもポジションが最上位になっていくでしょうから、ここはSANADAが新日本プロレスに移籍してから最も重要な試合になりますね。

しかし逆に負けてしまえばオカダカズチカへの連敗があまりに多くなってしまいますし「SANADAは当分中堅クラス」という烙印を押されるような形になってしまいますからリスクも大きいと言えます。

またこのシリーズではロスインゴは前座を温めることが多いですし、内藤哲也は完全に序盤の盛り上げ役ぐらいになっている状況ですし、ロスインゴ全体としても今年はSANADAの準優勝以外は全く目立てていませんからユニットとしてもこの辺りで大きな仕事をする選手が出てこないと・・・

石井とEVILのシングルマッチはEVILのターニングポイントになるか

IWGPタッグ王者としてタッグの価値を上げると宣言したもののベルトを失い、ニュージャパンカップでは良いところなく敗戦。
そしてマディソンスクエアガーデンでは結果も内容も悪く急降下中のEVIL。
特にSANADAはニュージャパンカップで準優勝と同日のメインでオカダカズチカに挑戦するということで、パートナーにも差をつけられてしまっている状態。

当然そんな状況にイライラしているEVILが石井に喧嘩を売ったというのは「このモヤモヤした心を全身で受け止めてくれる相手」を自然と選んだように思います。

一方の石井はニュージャパンカップでタイチ・YOSHI-HASHI・オカダカズチカと名勝負を繰り広げて個人的にはニュージャパンカップのMVPでしたが、ここで勢いをさらにつけてG1へ向かうことになれば優勝したっておかしくない(というかしてほしいと思ってしまうのです)。

仮に同日SANADAがオカダカズチカに勝利して、その日にEVILが負けるようであればタッグ路線の相方を失いますしシングル路線ではまだ中位ぐらいのポジションになってしまいますのでEVILとしては負けられない試合ですね。

メイン終了後に名乗り出る挑戦者は石井?EVIL?

メインイベントのIWGP戦でオカダカズチカが勝利した場合に、セミファイナルでEVILが勝利していたら「SANADAの敵討ち」という理由も加わるのでニュージャパンカップの結果を考えると少々ズルいですがスムーズに挑戦者として名乗り出るチャンスでもあります。
ここで一気にEVILがトップにワープするという魔術を使える可能性がありますね。

逆にSANADAが勝利すればCHAOS繋がりで石井が挑戦することも資格としては十分ですが、石井が試合後にリングに上ってマイクアピールをする姿はあまり想像できません(笑)

またオカダ勝利でEVILが挑戦して大阪城ホールでEVILが勝利してIWGP王者としてG1というのも急過ぎる気もしますが・・・
かと言ってオカダ勝利・石井勝利となると「ロスインゴは何をしてもファンの人気が高いから扱いは悪くて良い」というテンプレがこの先も続いて行くのも悲しいところです。

両日ともに先が読めないレスリングどんたくなのである意味マディソンスクエアガーデン大会より楽しみです。

石森太二のパートナーXは誰?

この日は前日にあるドラゴン・リーと石森太二の結果を問わずしてタッグマッチで顔合わせがあるわけですが、ドラゴン・リーのパートナーはオスプレイということで超絶タッグ結成となります。
その相手となる石森太二のパートナーはXと表記されているのですが・・・これは誰になるのでしょう?

普通に考えれば対オスプレイの相手となりそうですが現時点でオスプレイは丸腰ですから「挑戦者現る!」というXではなさそう。
それならドラゴン・リーの次期挑戦者かと思いましたが、すぐにベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに入っていきますので、今年エントリーする選手の登場となるのでしょう。

と、ここまで書いてすっかり忘れていました。
BULLET CLUBの新メンバーはエル・ファンタズモでしたね(笑)恐らくここで登場するのでしょう。


さて、マディソンスクエアガーデン後からレスリングどんたくまでのカードを見ていて1つ思ったのですが本隊とCHAOSを繋げるキッカケになったYOSHI-HASHIがその結果として前座のタッグ要因となったというのは切ないですね...

怪我した本人が悪いのですけど、棚橋弘至の「おれんとこ来いよ」とかも言っただけで特にYOSHI-HASHIに何もしてないというのもいつ回収するのでしょうか。

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter