棚橋弘至・天山広吉 次期シリーズ全戦欠場 復帰時期は未定
スポンサーリンク

新日本プロレス公式よりとても残念な発表がありました。
まず天山広吉選手がツイッターで「手術をする」と告知していましたが、膝の負傷により全戦欠場というアナウンスがありました。
また、棚橋弘至選手が左肘の負傷により全戦欠場ということで、ずっと悪い箇所ではありましたがマディソンスクエアガーデンでザックにとてつもない角度で腕を曲げられたことが決定打となってしまったのではないでしょうか。

試合を見ていても「おいおい」と思うぐらいの角度になっていましたからね・・・。

試合後の棚橋選手のコメントでは「腕十字にいったときにヒザがバキッと」と話していたので、膝の負傷かと思いましたが肘の方もかなり悪いですからね・・・

棚橋弘至選手が、左肘の負傷により、次期シリーズ『Road to レスリングどんたく 2019』~『レスリングどんたく 2019』を全戦欠場となります。なお、今後の復帰時期は未定となります。

天山広吉選手が膝の負傷により欠場、同じく次期シリーズを全戦欠場となります。今後の復帰時期は未定となります。

棚橋選手、天山選手の試合を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございません。

何卒、ご了承頂けますようよろしくお願いします。

棚橋選手・天山選手ともに復帰時期は未定とのことですので、平成最後の試合はもう終わっていたということになりますし、令和最初のビッグマッチなどにもいないということになります...
ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで復帰する必要もないと思いますので、大阪城ホールかもう少し長引けばKIZUNA ROAD 2019で復帰してG1に滑り込みセーフとかってことになるのでしょうか。
復帰できずに実質的に平成で引退ということにならないといいのですが・・・
でも棚橋選手はザック戦後の表情もコメントも気弱でしたから、少々不安ですね。

Twitter