オカダカズチカの「see you next time」inマディソンスクエアガーデン

新日本プロレスワールドの生中継では中継時間の都合で放送されなかったマディソンスクエアガーデンメイン後のオカダカズチカの締めですが、改めて新日本プロレスワールドに掲載されました。

英語でコメントするオカダカズチカでしたが、いつものオカダカズチカ色をしっかり出して堂々とレインメーカーがマディソンスクエアガーデンを締めた!という印象でしたね。

そして飛び出したのが「see you next time」という言葉。
これは新日本プロレスファンからするとSANADAのキメ台詞ですから、言葉としては当たり前のことでも「おおっ」と思った人が多いのではないでしょうか。

オカダカズチカへの挑戦者はSANADAとなるのか

ニュージャパンカップ優勝者のオカダカズチカがIWGPを手にした今回のマディソンスクエアガーデン大会ですが、ニュージャパンカップ決勝戦で負けたSANADAは挑戦するチャンスがあると思います。
まぁ難しいのはこれでジェイホワイトが防衛をしていたらSANADAが次の挑戦者という流れがスムーズですが、オカダカズチカに負けて準優勝という立場のSANADAですのでリマッチがすぐに無い可能性もあるかもしれませんが。

それでもオカダカズチカはニュージャパンカップを優勝した時に「ジェイホワイトからベルトを取ってSANADAさんと防衛戦をする」と宣言していますし、ぜひとも初防衛戦として見てみたいですね。

ただSANADAはこれでオカダカズチカに負ければ連敗数が4か5?というぐらいに伸びていきますし、何となく後藤洋央紀選手のような「同じ相手に連敗をし続けるキャラ」になってしまいそうなので怖い部分もあります(笑)
オカダカズチカ王者時代が暫く続いても面白いと思いますが、まだまだ新日本プロレスではトップどころで組み合わせされてないカードも多いですからIWGP王者初戴冠のSANADAがジェイやオスプレイや内藤、またEVILなんかとタイトルマッチをすれば新しい景色が見られるのでそれも期待してしまいますけどね。

オカダカズチカがジェイホワイトを称賛

試合後のバックヤードでオカダカズチカの口から出たのはジェイホワイトを称える言葉でした。
ジェホワイト、強かった。さすがIWGPヘビー級チャンピオン。本当に強かったし、この負けはジェイ、プラスになるから。またジェイも若いし、これから何回も闘う相手になると思いますけども、しっかり倒していきたいなと。いい対戦相手ができました。」

これから10回以上シングルが組まれてもおかしくない世代の二人ですし、やっとオカダカズチカに年齡の近いライバルが増えてきたことは本当に良かったですよね。
オカダカズチカの唯一の弱点が自分ではどうすることもできない同世代や下の世代のライバルの存在でしたから...

「この負けはジェイにプラスになるから」という言葉もいいですね。
棚橋弘至・AJに負けることで強くなっていったオカダカズチカ、そして負けることでドラマが生まれるプロレスの世界ですからジェイホワイトはこれから更に進化していくことでしょう。

今年のG1を考えてもオカダカズチカ・ジェイホワイトは優勝候補ですし、そこに内藤哲也・SANADA・飯伏幸太・オスプレイがいると考えると相当レベルの高い戦いになりそうですし、もちろん棚橋弘至やEVIL、タイチに鈴木みのるに石井などいるわけですから今の新日本プロレス、2019年のG1は今からすでに楽しみですね!!

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

 

Twitter