ジュースロビンソンとチェーズオーエンズの戦いは介入だらけのタイトルマッチに

ジュースロビンソンとチェーズ・オーエンズのUS王座選手権。
二人にとってこのニュージャパンカップ決勝のセミファイナルでの大舞台でしたが・・・
あまりに介入が多過ぎたのは個人的に残念に感じました。

邪道さんの介入が多すぎましたし、途中で竹刀を奪ってへし折ったところも
「PCのボリューム下がったのか?」と思うぐらいにシーンと・・・


ファレも介入してやりたい放題でしたので、これならチェーズ・オーエンズが勝利してリマッチかな?と思っていましたが普通にジュースロビンソンが勝利したので微妙でしたね(笑)

マイキーニコルスがジュースロビンソンを救出

ジュースロビンソンがパルプフリクションで勝利すると、バッドラックファレが乱入してバッドラックフォールを食らわせようとしましたが、そこへCHAOSのマイキーニコルスが登場してジュースロビンソンを救出!

本隊とCHAOSの今の関係性とこの二人の関係性を考えれば違和感はないのですが・・・
何か怪しい、何かするのでは?と思ってドキドキしていました。

背後に回って拍手をし始めた時は「これは背後から襲うだろ!!」と確信したのですが、拍手して帰っていきました(笑)


考えてみればフィンレーが欠場していなければフィンレーが出てきたのでしょう。

ところで次の相手はファレなのでしょうか?
個人的にはタマトンガにUS路線に行ってほしいんですけどね。
タマちゃんのポテンシャルを発揮できる場だと思いますから。

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter