ニュージャパンカップ準決勝 オカダと石井が見せた極限を超えた試合
スポンサーリンク

ニュージャパンカップ準決勝、オカダカズチカと石井智宏のCHAOS同門対決は壮絶な試合となりました。
共に同門対決に勝利して勝ち上がってきての決勝進出をかけた同門対決というシチュエーションや、オカダカズチカが以前G1で石井に負けているのでそのリベンジ戦というような状況はありましたが、そんなことは抜きにしてただただ凄まじい試合だったと思います。

鳥肌が立ちっぱなしでしたし、目の奥に熱い物がこみ上げて来ました。
新日本プロレスを離れていく選手もいますが「馬鹿だなぁ、新日本プロレスはこんなにも凄いんだぞ」と思わず言いたくなるような名勝負だったと感じました。

試合開始から最後まで全力疾走したオカダカズチカと石井智宏

オカダカズチカと言えばロックアップからロープまで相手を押し込んで、攻撃すると見せかけて相手の胸を軽く叩いてクリーンブレイクとするというお決まりのムーブがありますが、今回はいきなりの攻撃を石井に叩き込むと石井も即座に顔色が変わり「ここから始まる激闘」の予感がプンプンしていましたね。

試合序盤から打ち合い&ぶつかり合いを繰り広げる中でオカダは徹底的に石井を挑発していましたが、これは当然「全力でブチ切れた石井と戦いたい、そして倒したい」ということでしょう。
それに呼応するように石井はとてつもない逆水平チョップをオカダの胸が変色するまで叩き込み続けていきました。
逆水平チョップの使い手は沢山いますが、本当に石井の逆水平チョップは天龍源一郎と肩を並べていると思います。
チョップ一発でここまでカッコいい選手はそうそういるわけではないですからね。


ユニット抗争が主軸の新日本プロレスの中だからこそ同門対決というのは熱く激しくなるのかもしれませんが、G1やニュージャパンカップだけで見られるCHAOS対決というのは名勝負になることが多いです。
この二人の試合は過去にG1でも大激闘となりましたが今回はそれを超えるほどの死闘となりました。

オカダカズチカのドロップキック連発と石井智宏のハードヒットの連発
技は違えどぶつけているのは同じ熱い気持ち

オカダカズチカがここまでドロップキックを連発する試合は滅多にありません。
それぐらいまでに石井智宏という強敵を倒すには何度もドロップキックを打つ必要があると考えたのでしょう。
そして石井もラリアット・ヘッドバットなど強烈に打ち込んで応戦し、トップロープ最上段から圧巻の雪崩式ブレーンバスターを見せるなどお互いが全てを開放してノーリミットでの攻撃を繰り出していました。


年齢で言うと丁度一回り違いの二人ですが、そんな二人が意地を張り続ける姿というのは年齡なんてちっぽけな数字でしかないんだなと思いました。
この試合を通してまた二人が強くなりCHAOSが強くなるという関係性がたまらなくカッコいいと思います。


オカダのレインメーカーを受けても(不完全ではありましたが)何かの境地にいるような表情で仁王立ちする石井の姿には今のファンだけではなく昭和のプロレスファンも感じるものがあることでしょう。
試合開始時にはオカダに飛んでいた黄色い歓声がいつの間にか野太い歓声に飲み込まれていき、リング上では男臭い試合が行われるというシチュエーションもこれまた素敵じゃないですか。


試合後にオカダカズチカは石井に一礼し、お互いが健闘を称え合いました。
石井はオカダに「お前が優勝しろ」と声をかけ、最近本隊とCHAOSとの絡みの中であやふやになっていたCHAOSというユニットが再度強く結束するきっかけになった試合だったと言えるかもしれません。

今年のベストバウト候補の試合となるかと思いますが、何よりここまでニュージャパンカップ全試合で名勝負を生み出した石井選手こそがこの大会のMVPだと思います。一度でいいから石井の腰にIWGPが巻かれる姿を見てみたいものですね。

 

Twitter