ニュージャパンカップ4強揃う 棚橋弘至 SANADA オカダカズチカ 石井智宏
スポンサーリンク

ついにニュージャパンカップも終盤戦となりました。
オスプレイを倒したオカダカズチカ、YOSHI-HASHIを倒した石井智宏に続いてSANADAと棚橋弘至が準決勝進出を決めましたので、これで平成最後のニュージャパンカップの4強が出揃ったということになります。

スポンサーリンク

翻弄し合う戦いを制したのはSANADA


オイまさか・・・というシーンも何度かありましたが、流石にSANADAも後藤と鈴木を倒してここでコルトカバナに負けるわけにはいきません。
面白さの中に上手さが光る試合となり、SANADAもコルトカバナもお互いが翻弄し合う戦いとなりましたが、最後は比較的アッサリとSANADAがスカルエンドで勝利して準決勝進出を決めました。


SANADAと棚橋弘至が準決勝で激突ということになりますが、ダメージが少ないのはSANADAでしょうか。
何にしてもここで棚橋弘至を倒せばロスインゴの中で1つ抜け出ることができるかもしれませんし、またEVILへも大きな刺激となることでしょうね。

棚橋弘至は1年越しのリベンジを達成


昨年このニュージャパンカップでザック・セイバーに敗北した棚橋弘至ですが、この試合も爆弾を抱える膝を攻められ続けて「もうダメか」と思うシーンがありましたが、この試合もハイフライフローを封印したままで勝利することに成功しました。


コブラツイストにしてもジャパニーズレッグロールクラッチにしても、田口戦でのドラゴンスープレックスにしてもそうですが、やはりマディソンスクエアガーデンと言えば藤波辰爾、藤波辰爾と言えば棚橋弘至ということでかなり意識的に技を出している印象です。

棚橋が悩む脱棚橋・スタイルチェンジであったりハイフライフローを使わないということに関してはまだ途上なのだと思いますが、藤波殺法というのはマディソンスクエアガーデンを目指すにはカタルシスもあって古いファンも惹きつけることができるので素敵だと思います。もちろんドラゴンスクリューだってそうですしね。

次はSANADA戦ですが、SANADAのスカルエンドは胴締めのドラゴンスリーパーの形ですので、もしかすると棚橋弘至のドラゴンスリーパーが見れるのではないか?なんて期待をしています。
ただ、もうそれ以外の藤波殺法って少ないんですよね。僕はドラゴンバックブリーカーが好きでしたが、棚橋が使うと自分の膝を痛めてしまう気がしますし・・・

でも、もしマディソンスクエアガーデンまでたどり着いた日にはあの会場でハイフライフローをしてほしいですけどね。

棚橋とザックセイバー、しかるべき舞台での再戦とはどこだ?

そう言えば試合後にTAKAみちのくがザックの代わりに気になるコメントをしています。
1勝1敗だよ、1勝1敗。どういうことかわかるか? 1勝1敗。オイ、しかるべき舞台でよ、もう1回だぞ、もう1回。しかるべき舞台で。」

しかるべき舞台・・・とは?
棚橋がジェイからIWGPを奪取してから、春のビッグマッチのどこかで再戦しろということなのか?
それとも8月のロンドン大会「NJPW Royal Quest」のことなのでしょうか。

この大会はすでに棚橋弘至・オカダカズチカ・内藤哲也・オスプレイ・ザックセイバーの参戦は報じられていますので、タイミングとしてはここが濃厚なのかなと思いますが、さてどうなることでしょう。

スポンサーリンク

ジェイホワイトの相手、マディソンスクエアガーデンのメインは絞られた

本日の時点で確定していることが、ニュージャパンカップ準決勝はオカダカズチカ対石井智宏と棚橋弘至対SANADAという2つのカードであること。
そして決勝戦はオカダカズチカ対棚橋弘至 オカダカズチカ対SANADA 石井智宏対棚橋弘至 石井智宏対SANADAのどれかということですね。

そしてもちろんマディソンスクエアガーデンではジェイホワイト対オカダ・棚橋・石井・SANADAのどれかしかありえないということです。

オカダと石井に関しては実はオカダのリベンジ戦でもあります。G1での借りを返したいところですね。
石井からすればついに頂点に立つことができる大チャンスということになります。
棚橋とSANADAで印象的なのは2016年11月5日の大阪大会でのシングル戦(棚橋勝利)ですが、このときの試合を予習として見直したのですが、たかだか2年半前なのに二人とも凄く若いです(笑)内容も面白いですけど、若いってことが印象的でした。

これ前にも書いたことなんですけど、レスラーの人って基本日焼けするのでシワが増えやすいと思うんです。
僕、これだけは強く言いたいのですけど、自然の老化でカッコよく歳を重ねるのは素敵だと思うのですけど、日焼けさせて肌を痛めつけて老けて見えるようになるのはちょっと反対なんですよね。

棚橋の笑いジワとかは凄く素敵なんですけど、でもレスラーの人って全体的に数年前の試合を見るだけで妙に若く見える人が多いので、やっぱりそれだけ肌へのダメージが多いってことなんじゃないかと・・・(苦笑)

ほら、矢野選手とかお肌が綺麗でしょう。2年前の試合を見ても今の矢野と同じですよ(笑)

話は逸れましたが、何にしてもジェイの前に立つ男は4人の中の誰かということです。
棚橋弘至ならリベンジ戦、オカダカズチカもリベンジ戦、石井からすればCHAOSの裏切り者を潰す戦いです。
SANADAに関しては未知なる戦いですよね。一番想像がつきません。

今投票をしたら70%ぐらいがオカダカズチカ、20%が棚橋、7%がSANADA、3%石井とかになるのでしょうか。
うーん、平行世界が4つあるなら全てのパターンを見てみたいです。


プロレスランキング

 

Twitter