オカダカズチカと石井が前哨戦からヒートアップ
スポンサーリンク

このニュージャパンカップではCHAOS対決が注目されています。
昨日のYOSHI-HASHIと石井、オカダカズチカとオスプレイも白熱の試合でしたし、それを勝ち上がったオカダカズチカと石井のシングルマッチも相当な試合になることは想像できますからとてもワクワクしますね。

またニュージャパンカップは勝ち上がった流れで翌日のタッグマッチが決まるので、前哨戦もレアな組み合わせが多いので楽しめます。
今回はオカダ・YOSHI-HASHIと石井・後藤という純粋なCHAOSタッぐ同士の対決となりましたが、オカダカズチカと石井はニュージャパンカップ準決勝が待てない!というぐらい意識し合っていましたね。


オカダVSケニー、石井VSケニーという名勝負が昨年ありましたが、それを超える試合をオカダVS石井がしてくれることでしょう!

CHAOSの大結束となるのか、それとも・・・

CHAOSのメンバー同士が戦い、好勝負をして互いに認め合う。
そんなことがこのニュージャパンカップの1つのテーマにも感じてきましたが、このタイミングというのはとても面白く感じます。

というのは昨年のオカダカズチカ&棚橋の合体があり、この二人だけの関係性だったはずが会社決定のカードで次々と本隊とCHAOSが組むことになっていきました。
嬉しいし楽しい半面で筋が通らないタッグもあったり、また石井と後藤が試合に組まれていなかった期間が長かったので「石井と後藤は簡単に本隊と組まない立ち位置なのでは?」と思っていましたが、何のことはなく組むようになるなど、その辺りはファンもモヤモヤした人が多いと思うのです。

でも、ぶっちゃけもう慣れましたよね(笑)
僕としては妄想して脳内補充して完結させたという感じなのですし、新日本プロレスファンの人たちもこの現状は深く考えずに受け入れているのではないかと思います。

ただ、ファンがそういう感じになっている中でこのCHAOS対決の連発というのは少し不思議な感じもするのです。
本隊とCHAOSが普通に組む状態になった途端にCHAOSの結束を強めるような直接対決が多いことには何か意味があるのかな?と。
これに意味があるのであれば、本隊とCHAOSは再度別々の道を歩むことになるのかな?とも思います。

また、全く逆でここで因縁が生まれるようなことになれば大きな事件の種が実はニュージャパンカップで蒔かれている可能性もわずかならがあるのかもしれません。

僕としては「無かったことになっている」と認識している、ジェイホワイトの「オカダの周りにもう1人裏切り者がいる」という件。
ライガーが解説席で「俺は誰が裏切り者かわかっちゃったかもー」と発言したことでかなり盛り上がりましたし「CHAOSの中」ではなく「オカダの周りに」という表現をジェイがしたことで、まるで時限爆弾が仕掛けられたかのようなドキドキ感がありました。

でも、YOSHI-HASHIの転倒事故&新日本プロレスから離脱した多数の選手などが年末年始で起こったことで「一旦無かったこと」になっているのが現状だと思います。

ですが、ピエール瀧の映画ですらお蔵入りにならなかったのに、あれだけ盛り上がった伏線がお蔵入りになることもないでしょう(笑)いずれどこかで再燃する、そう考えるとCHAOS対決への楽しみが1つ増えるのではないでしょうか。


友情対決、同門対決、そんな中でこのポーズができてしまう石井はやっぱりカッコいいです。
目の前の壁を壊すことだけを考えている石井と、すでにMSGのメインを考えているオカダ。
雑草とエリートの戦いが待ち遠しいですね。

オカダの雨が雑草を成長させて、そして決勝で棚橋の太陽が雑草に大輪の花を咲かせるなんてことも・・・

 

Twitter