ニュージャパンカップ二回戦の前哨戦でSANADAと鈴木みのるが激突。
試合はタイチがBUSHIを楽勝で仕留めましたが、1年少々前は同じジュニアでそこまで差があったわけではないですからBUSHIは悔しいでしょうね。
ヒロムが戻ってきた時に鷹木がヘビー転向しないとBUSHIのポジションがなくなるのではないかと心配する今日このごろです。

鈴木みのるの「ぶち殺してやる」にSANADAが熱くなった

試合後、鈴木みのるがマイクを手にしてSANADAに「ぶち殺してやる」と叫ぶと、あのCOOLなSANADAが熱くなり鈴木みのるをリング上に戻してエルボー合戦を仕掛けました。
この二人だと一方的に鈴木みのるが熱く絡みSANADAがスカすかと思いましたが・・・考えてみると今年あったシングルマッチのときからSANADAは鈴木みのるに対しては熱い感情をぶつけていましたよね。


SANADAというより真田聖也がチラッと見えるというか。僕はこういうSANADAの方が好きかもしれません。
今後、仮にSANADAが真田聖也に戻ったことを考えると新日本プロレスのファンの人は「イメチェン」と思うかもしれませんが、実際には真田聖也からSANADAへのイメチェンをした姿が今ですからね。

元々は熱いしチャラいの真田聖也ですし(笑)
数年前にニコニコ動画の西川貴教のイエノミに武藤さんと出演したときの映像とか、ロスインゴのSANADAしかしらない人は見ないほうがいいですもんね、僕は好きなんですけど。

何にしてもSANADAがここで鈴木みのるに負けて敗退するようではIWGPなんて夢のまた夢ですし、ロスインゴはすでに内藤とEVILが1回戦負けしているわけですからシャレにならない状態になります。

相方EVILがまたザックに負けていることも考えれば、ここで同じ鈴木軍に負けるわけにはいかないでしょう。
僕としてもぜひSANADAには最低でもベスト4までは勝ち上がってもらいたいです。

ところで、通常こんな大物2人が乱闘したらヤングライオンが大人数で止めるものですが、たった1人でそれをしたのは上村だったでしょうか。
一撃で鈴木みのるをロープ際まで下げてSANADAを一瞬でコーナーまで持って解決させたのはちょっと笑ってしまいました。


もしやとてつもない潜在能力があるのでは。


プロレスランキング

 

Twitter