各地で激戦が繰り広げられているニュージャパンカップ。
まずは第一回戦が全て終わり二回戦のカードが全て決定しました。

3.13岡山では石井・タイチ YOSHI-HASHI・オーエンズ
3.14奈良ではオカダ・ニコルス オスプレイ・アーチャー
3.16後楽園では棚橋・田口 飯伏・ザック
3.17後楽園ではSANADA・鈴木 矢野・カバナ

このようになっているわけですが、この16人がベスト16ということになります。当たり前ですが(笑)
そして1回戦で敗退した選手は全て共通して最下位となるわけです、相手はどうあれトーナメントというのはそういう物ですので第3世代も本間も内藤もEVILもヒクレオも最下位という位置付けになるわけですから残酷でもありますよ。

内藤選手は「人数が多すぎ~」と言っていましたが、なら「G1はニュージャパンカップで1回戦と突破した16人でやるべき」と主張する選手が出てきたらどう反論するのかは気になります(汗)
というかタイチ選手辺りは言いそうなので期待しているんですけどね。内藤VSタイチの第三シーズンよ早く来い!と楽しみ日ている口なので。

ニュージャパンカップ3回戦で見たい対戦カードを考える

2回戦の勝ち負けということではなく、3回戦で見たいカードを想像するほうが楽しそうじゃないですか?

まずは石井・タイチ YOSHI-HASHI・オーエンズの4人。
石井とオーエンズ、石井とYOSHI-HASHI、タイチとオーエンズ、タイチとYOSHI-HASHIの4パターンですね。

個人的には石井とYOSHI-HASHIのCHAOS対決でYOSHI-HASHIが石井を超えることができるか?というカードも見てみたいですし、石井が勝ち進めばVSオカダやオスプレイという名勝負間違い無しのカードにも繋がります。

ただ個人的にはタイチ・YOSHI-HASHIですね。
タイチが本間・石井・YOSHI-HASHIと数年前はふわっとした感じで「大体同じぐらいのポジション」にいたグループからタイチが抜きん出るには良い3連戦になりますし、そうなれば結果的にタイチとオカダ、タイチとオスプレイというカードになってきますから。


オカダ・ニコルス オスプレイ・アーチャーに関しては大半のプロレスファンがオカダVSオスプレイが見たいと思いますし僕もそうです。
もちろんアーチャーも好きなので見てはみたいですが、この中途半端なところでオスプレイが負けると今年のオスプレイ推しの意味がわからないですからねぇ。

棚橋・田口 飯伏・ザック、ここが難しいというか全通り見たいですよ(笑)
棚橋とザック、棚橋と飯伏は当然見たいですし今改めて棚橋と飯伏が戦い飯伏が勝利すれば本当の意味で飯伏が責任を背負う人間になると思いますので。

ただ・・・田口と飯伏の久々のシングル戦も見たいですし田口とザックなんて超面白い試合になると思いますもん。

ということで、ここは大穴に入れる棒である田口監督VSザックが見たいなと!


究極なのはSANADA・鈴木 矢野・カバナですね。これはもう困ります。
何が困るって確実に矢野かカバナのどちらかが3回戦まで来るわけですから(笑)
ベスト8ですからね、最下位とは雲泥の差ですよ。内藤やEVILや後藤よりも圧倒的に矢野かカバナが上の実績となるわけですからね(汗)

まぁこれはどれが見たいかと言うと、、、SANADAとカバナ・鈴木とカバナが名勝負になるとは流石に思えないですし、でもSANADAと矢野・鈴木と矢野ってもうお腹いっぱいなんですよ(苦笑)

でもSANADAと鈴木は札幌大会でシングル戦を戦ってSANADAが負けていますので、流石にリベンジしてほしいと思います。
なのでSANADAと矢野でテクニカルで面白い試合をしてほしいなと思います。

※ここまで書いて、静岡のメイン・セミがSANADA・矢野と田口・ザックなわけないだろうと思ってしまいました(笑)
やっぱり棚橋・飯伏がメイン、セミでSANADA・矢野でしょうか。

また鈴木みのるもやっぱりまだバリバリ怖い選手でトップの一角だとは思うのですが、鈴木軍の中で最も上の順位まで行くのがタイチという形になればまた何か動きが期待できるなぁとも思いました。

あと流れとして仮に飯伏が優勝する場合に内藤・ザック・棚橋・SANADA(or鈴木)・オカダ(orオスプレイ)を倒してジェイの前に立つなら完璧に飯伏が新日本プロレスのトップになるということになりますね。

皆さんの好きな選手はまだ残っているでしょうか?
ニュージャパンカップはまだまだこれからです!!


プロレスランキング

Twitter