新日本プロレス公式LINEで投票していたニュージャパンカップ優勝予想の結果が発表されました。
https://www.njpw.co.jp/188667

僕の本業である競馬に関しては「予想と希望」は別物ですが、プロレスに関してもこの手の投票は予想と希望は別と考えている人も多いはずなんですよね。
やはり人気投票的になる側面もありますし、でも予想を当てようとする人もいるので妥当な順位なのかなと思いました。

1位はオカダカズチカ2940票(男性54%女性46%)
返り咲きを待つファンも多くジェイホワイトへのリベンジをしてほしいという思いも大きいと思います。
またトーナメントの山では強敵となるのがオスプレイぐらいなので別山よりは恵まれていることからも票を集めたのではないでしょうか。
男女比率も同じぐらいなのでやはりオカダカズチカこそ新日本プロレスをこれから背負う人間だと思っている人が多いのでしょう。

2位は内藤哲也2427票(男性55%女性45%)
押しも押されもせぬ新日本プロレスのカリスマ内藤哲也。
大人気なのに昨年はやや下降線で試合外では目立つが結果がついてこない状況でしたが、ここで優勝してインターコンチネンタルとIWGPの2冠王になる姿が見たいという人が多いのでしょう。
またジェイホワイトと内藤哲也のシングルというのは誰しもが見てみたいのではないかと思います。
こちらも男女比率が同じぐらいで安定した人気だと言えますし、1回戦が飯伏幸太でなければ1位だったのでは?

3位は飯伏幸太1821票(男性42%女性57%)
こちらも内藤哲也が1回戦でなければもっと票が増えたと思いますが、1位2位と比べての違いは女性比率が高いこと。
女性支持率1位ということになりますし、新日本プロレス残留宣言したここからが飯伏幸太の時代だという見方が強いのではないか。

4位はSANADA832票(男性45%女性55%)
こちらも女性支持率が高いですが全体票数では飯伏幸太から1000票差もありますので、ダークホースということでしょう。
寡黙ですが実力はトップクラスですし、そろそろトップ路線に食い込んでくるという期待も大きい。
「世界で一番マディソンスクエアガーデンが好きです」のキメ台詞が4月6日に発動するのか?

5位は棚橋弘至427票(男性31%女性68%)
圧倒的に女性からの支持が高い棚橋弘至。支持割合ではナンバーワンですが票数が427票と少ないので・・・
前王者であり資格も十分、1回戦と2回戦が恵まれるのにこの票数というのは寂しいところ。

※棚橋と飯伏は男女比率が100%になっていませんでした。

全体の投票数が10441票ということで、上位5位以外の残り投票数は1994票。
なので残り27人で合計しても1994票しかないというのはかなり差がついたなという印象です。

ニュージャパンカップ男の後藤洋央紀、ロスインゴのEVIL、前年度王者のザック、NEVER王者のオスプレイなども参戦するのですが相当軽視されているので、結果で見返してほしいなと思いますね。

あと・・・あれですね、肉体美を持つ選手は女性支持率が高いというデータもこれで取れたのではないでしょうか(笑)

ジェイ NJC覇者が他王者ならダブルタイトルマッチを要求

そんな中、ジェイホワイトがニュージャパンカップ王者になる選手がタイトルホルダーであればマディソンスクエアガーデンのメインでのダブルタイトルマッチを要求という記事が出ていました。

「王者の3人のうち、誰かが優勝したのなら、2つのベルトをかけて戦うことになる。自分だけがベルトを失うリスクを背負い、相手は何もかけないなんてズルいじゃないか。だったら公平に2つともかけるべきだ」

インターコンチネンタル王者の内藤哲也、US王者のジュースロビンソン、NEVER王者のオスプレイが該当しますが、僕はそれもありなのではないかと思います。
まず今の新日本プロレスはシングルのベルトが多すぎますし(それと統一した考えが元々のIWGPなのに)仮に内藤哲也とジェイホワイトのカードになりこれがIWGPだけのタイトルマッチとなって内藤哲也が負けた場合には、インターコンチネンタルの価値が大きく下がってしまいますからね。

まぁでも統一王者になるなら組み合わせはIWGPとUSやNEVERではなくインターコンチネンタルでしょう。
新日本プロレスには昔から太陽のようなレスラー、月のようなレスラーがいますが(棚橋と中邑やオカダと内藤のような)ベルトで言えばIWGPが棚橋、インターコンチネンタルは月だと思います。

太陽も月も手に入れて四六時中いつでも光に照らされる王者が誕生すればそれもまた面白いのではないでしょうか。

その権利が現時点であるのはジェイホワイトと内藤哲也だけですが。

そして・・・その光を、EVIL様が闇の中に取り込んだらこれはもう最高ですよ(笑)

 

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter