ついに開幕ニュージャパンカップ2019!
ということでオープニングはYOSHI-HASHIと中西の対決となりましたが、流石にここで中西に負けてしまっては未来はないYOSHI-HASHIが順当に勝利。
タイチと本間は試合までの因縁な舌戦もありましたが、復帰後にここまでハードな試合を本間ができたことへの感動もありましたし、容赦ないタイチの攻撃の1発1発が本間へのエールに感じた熱い試合でした。

ジュースロビンソンとチェーズオーエンズの試合は、試合中盤までかなりクラシカルな試合だったので最近のファンの人からすると面白くないタイプの試合だったかもしれませんが、試合終盤の攻防は見どころ満載でしたし何とUS王者のジュースロビンソンにチェーズオーエンズが勝利するという結果には驚きました。

しかし、そんな3試合の記憶を吹き飛ばす・・・いや今日はメインイベント以外の記憶が吹き飛んでしまうほどの試合がありました。

石井VS永田、久々に痺れる試合でした。

石井と永田が見せた意地と魂のぶつかり合い

魂をぶつけるとこんな音がするのか。
そんなことを思いながら見ていたメインイベント、石井VS永田の試合は開始直後からチョップ・頭突き・キック・膝・エルボーの応酬となりました。
みるみる両者の胸や背中や腕が赤く腫れ上がり、アザになり、それでも一歩も引かずにやり合う凄まじい男の試合、まさにストロングスタイルの試合を見せつけてくれました。

考えてみるとこれを新日本プロレス上でできるのは石井が筆頭であり、怪我をする前の柴田・本間と飯伏はこの手の試合ができますがやはり石井からするとバチバチ系の試合を真っ向からできる相手がいなくなっていたのは寂しいことだったのかもしれません。
昨年はケニーオメガととてつもない試合をした石井ですが、今の新日本プロレスで名勝負製造機と言えば多くのファンが石井だと言うでしょうし、確かに誰とでも名勝負を繰り広げている印象があります。

ただ、痛みの伝わる試合で気持ちと気持ちがぶつかり合って、誰のファンが見ていても自然と拳に力が入る試合となるとやはり石井の相手をつとめることができる選手は減ってしまっているのが現状です。

そんな中、ニュージャパンカップ1回戦で出会ったのは50歳を過ぎた永田裕志。
やはり永田はストロングスタイルの申し子ですし、修羅場をくぐってきた選手でバチバチの試合というのは大好物ですから前哨戦の時点から凄まじい戦いをしていましたが、それにしてもこの試合は恐れ入りました。

石井の凄さ、永田の強さ、お互いの意地と魂をここまでぶつける試合を公式戦とは言えノンタイトル戦でやったこの二人こそまさに新日本プロレスだと思いました。
それと、見ていて「橋本真也と石井が見てみたいなぁ」なんて思うぐらい永田の背中に新日本プロレスの歴史が見えました。

これぞ男、男が惚れる男の戦いだったと思います。

43歳のグリーンボーイ発言に鳥肌と涙、石井の男気は国宝指定してもいい

試合後、石井が珍しく沢山のことを話しました。
永田が自分のことをオッサンだと言うこと、衰えてないと言うくせに行動しないこと、チャンスを待つだけになっていること、G1を自ら自体したことなどを話した後に「やる気があるならまた胸を貸してやる、43歳のグリーンボーイからのメッセージだ」と言いました。

この発言を聞いたときはもうね、プロレスファンをしていて何度かしかない感動と鳥肌と涙が溢れましたよ。

「グリーンボーイ」というのは新人とか若手という意味ですが、石井は自分自身がまだグリーンボーイだと喩えることで「永田さん、50歳なんてまだまだ若いんだぞ」というエールを送ったわけですよ。

そしてこれはもちろん、自分のバチバチした試合に100%対応し、いやそれ以上の試合をした永田の実力を再確認して感動し感謝もしたからこそ出た言葉でしょう。

これで永田さんも再度奮起してほしいですし、G1に舞い戻って石井VS永田がまた見てみたいです。

そして何より・・・石井の男気は国宝級ですわ。
男が惚れる男ってのはこういう人ですよ。


プロレスランキング

Twitter