EVIL・SANADA組 タッグの価値を上げる夢半ばで王座陥落。
スポンサーリンク

昨日タマ・ロア・ブリスコブラザーズのタッグが内紛を起こしたので「これって、明日EVIL組が負けないと続かないよな」と多くのファンの人が頭に浮かんだシナリオだったと思いますが、その嫌な予感が現実になってしまいました。
ワールドタッグリーグを優勝し、IWGPタッグを手にして「これからIWGPタッグの価値を上げる」「オカダ・棚橋とやってもいい」とタッグ路線をダークネスワールドにするべく色々と発言をしていたEVILでしたが・・・

東京ドームでは3WAYでヤングバックスから勝利して王座を手にしたEVIL・SANADAですがその3WAYに参加していたタマ・ロアと直接対決で防衛0回で奪われたというのはとんだ赤っ恥状態です。

良い試合内容でしたし、若干外道の介入があったとは言えほぼ正当な試合内容の中で完全なるスーパーパワーボムを浴びての3カウント負けとなるともう何の反論もできなくなってしまいます。


毎年恒例「EVIL・SANADA組がタッグの価値を上げると言ってすぐ奪われる」というようなものは見たくないですね・・・
ただ現実としてEVILもSANADAも昨年から特に何も変わってないと評価されることでしょうし、EVIL推しの僕としても思ったほど彼らのタッグチームに会社が価値を感じてなさそうなことがとても残念です。

スポンサーリンク

これでニュージャパンカップにチャンスが出たという見方もできるが

タッグ王者のままでニュージャパンカップやG1CLIMAXを優勝するという可能性が低いと言わざるをえない現実の中で、このタイミングで王座陥落したというのはEVILとSANADAにニュージャパンカップでの優勝およびマディソンスクエアガーデンのメインでジェイに挑戦する可能性が少し出てきたとも見ることができます。

しかしタッグの価値をシングルレベルまで上げると宣言をしていた舌の根も乾かぬうちに「ニュージャパンカップで優勝してジェイを倒してやる」なんて言っても説得力がありませんし、まだニュージャパンカップの出場者は未定ですが棚橋・オカダ・内藤・オスプレイ・飯伏がいる中で今のEVILとSANADAが優勝まで行けるか?ということと、マディソンスクエアガーデンのメインという舞台を考えると厳しいのかもしれません。

またこの日のメインはジュース・フィンレーがブリスコブラザーズに挑戦をして敗北し、ブリスコブラザーズとタマ・ロア組がマディソンスクエアガーデンでのダブルタイトルマッチを要求するという自体になっています。
これは正当な主張だと思いますし、間違ってもここにEVIL・SANADAが丸腰で参加して3WAY戦などになればさすがのロスインゴファンですら「なんで?」となることでしょう。

ということは、ここままだとマディソンスクエアガーデン大会は仮にヒロムが戻っていたらNEVER6人への挑戦などもあるかもしれませんが良くてそこでまで。旗揚げ記念日でBUSHI・鷹木が防衛に失敗したら4人タッグでBULLET CLUBの残りメンバーとの試合ぐらいかもしれません。

内藤はニュージャパンカップで優勝すればマディソンスクエアガーデンのメインでダブルタイトルマッチ、ニュージャパンカップで負けても恐らくセミファイナルでインターコンチネンタルの防衛戦ができるでしょう(マットテイヴェン辺りが相手か?)

スポンサーリンク

試合後のEVILのコメントが深い『無下に、無下に扱いやがって』

「クッソオ……。無下に、無下に扱いやがって……、俺らの、俺らのプライド、傷付けやがって。おまえら許さねーぞ? このコメントは! IWGPタッグ、そのものに対してのコメントだ。クッソオ……!」

IWGPタッグに対して「俺達を無下に扱いやがって」という、ベルトに話しかけるのはヒロムの専売特許ですがEVILの場合はかなり悲痛な声に聞こえますね。
EVILとSANADAは『価値の落ちたIWGPタッグベルトの価値を俺たちが上げてやる』というある意味「愛」をもってして扱っている印象がありますし、実際にIWGPタッグが話題になるように発言などをしながらアピールをしてきていました。

でもIWGPタッグベルトが微笑んだのはタマ・ロアだったということに対しての怒りというのは凄まじいものがありそうです。愛が憎しみに変わって内藤ばりにベルトを破壊するなんてことも将来あるのでしょうか・・・

一方のSANADAは指を立てて「もう1回」と再戦をアピールしたようですが、即座に旗揚げ記念日でリマッチとなるのも早すぎる気がしますし、価値を上げるどころかリマッチ地獄開始のゴングにも見えてしまいます。
まぁこの場合だとマディソンスクエアガーデンが3WAYになる可能性もグッと高くなるのであまり嬉しくはないですけどね。

何にしてもSANADAもEVILも新日本プロレスのトップを狙える選手ですから、元々タッグにこだわる必要がそこまでなかったとは思います。
でも口にした以上はタッグの価値を上げて自分たちの価値も上げてからIWGPなりインターコンチネンタルなりを狙わないとカッコよくないですからね。

マディソンスクエアガーデン後もビッグマッチはありますから、どこかでやはりIWGPタッグを奪い返してビッグマッチのメインでタイトルマッチができるぐらいの価値を作り上げてほしいものです。


プロレスランキング

 

Twitter