北村選手が新日本プロレスを退団という残念なお知らせがありました。
ヤングライオン杯優勝、そして北村克哉7番勝負を経ていざ武者修行へというところで脳震盪。
そこから欠場が続いており続報などもあまりないままでしたが、想定の範囲内ではありますが退団と聞くと悲しいですね。

新日本プロレスに所属しておりました、北村克哉選手に関しましてお知らせです。

北村克哉選手は練習中の怪我のため、1月31日をもちまして新日本プロレスを退団しましたことをご報告致します。

2018年より長期欠場していた北村選手は復帰へ向けて治療に専念しておりましたが、この度、会社との話し合いの結果、退団という運びとなりました。

2016年の入団以来、北村選手を応援してくださったお客様には突然の発表になりましたことをお詫び致します。これまでのご声援に心より感謝致します。

なお、北村選手の今後に関しましては次のステージに挑戦する予定です。北村選手の活躍をご期待ください。

ネット上でもこの一報を残念がる声が多いですが、やはりあの体というのはそれだけでお金を払う価値がある芸術品でしたし、野性味あふれるキャラというのはあまり新日本プロレスにいませんでしたからね。

ただ、これイメージでヤングライオンなので若いと思っているファンの人もいるようですが(期待の若手という声が多かったので)彼は入団した時点で30歳を過ぎていましたし、現時点の年齡は33歳ですからEVILよりも上の年齡です。
それ故に急ピッチでヤングライオン杯、7番勝負など一気に成長をさせようとしていたという感じですね。

北村選手の経歴としてはレスリングで実績を詰み、総合格闘技に転向の話などもあるなかでアマチュアを続けていたわけですが、ドーピング(筋肉増強剤)で出場停止となり、その後はジムのトレーナーなどをしていたが2016年に新日本プロレス入団となりました。

あの体とキャラなので印象に強く残っていますがデビューから欠場までが1年ほどですので、本当に短い間の新日本プロレス人生だったというところですね。

去年の11月頃には総合格闘イベントRIZINに出場するRENA選手の蹴りを食らっている動画がアップされたり、また同じぐらいの時期では新日本プロレスの道場で練習している姿もアップしていたので、復帰するのも近い雰囲気だっただけに今回の退団発表は驚きました。

ただ新日本プロレスからの告知が引退ではなく退団であり、また「なお、北村選手の今後に関しましては次のステージに挑戦する予定です。北村選手の活躍をご期待ください。」という「次のステージに挑戦」というのが気になりますね。

団体移籍なのか、総合格闘への転身なのか、何にしても北村のあの素晴らしい肉体を見る日は遠くないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitter