札幌大会初日は第一試合から素晴らしい試合となりました。
ヤングライオンの成田と上村の試合は「これぞ新日本プロレスの第一試合」というような内容となりましたし、何よりこの大観衆のビッグマッチの第一試合でお客様を盛り上げることができる実力があることを証明できたことは大きいですね。

この試合で一番の歓声があがったのはフィニッシャーとなった成田のフロントスープレックスホールド。
ブリッジの美しさやタイミングなど芸術品のようで、これが新日本プロレスのヤングライオンがしているということからも、新日本プロレスのレベルの高さがわかりますよね。
そして彼は未来の新日本プロレスのメインイベンターとなることでしょう。

スポンサーリンク

天山と飯塚、友情タッグ復活はあるのか?

引退が決まった飯塚選手ですが、以前もご紹介したように元々は本当に典型的なイケメンの正統派選手でした。
しかし10年前に突如として天山を裏切り友情タッグを破壊して、言葉すら発さない怪物となり過ごしてきました。

このままの状態で引退したとして、飯塚が社会にこのまま出ていくと・・・日本が大変なことに!(笑)
そんなファンの思いを解決しようと天山広吉が動きました。

試合開始前に「飯塚、友情タッグ復活や」と呼びかける天山。
その日本語は理解できたのか、飯塚はブチギレて天山を襲撃・・・


そして試合後も飯塚の怒りは押さまず、アイアンフィンガーフロムヘルで天山をKO

それでも立ち上がる天山は試合後にマイクで「あきらめへんぞ!」と飯塚をなんとしても残りの数試合で元の飯塚に戻す決意を表明。
ファンとしては今のままの飯塚だとどういう引退試合になるのか?関係者にアイアンフィンガーフロムヘル?とかも楽しみですが、飯塚の言葉を聞くチャンスというのは彼が元の真面目な男に戻るしかありません。


引退試合で友情タッグ復活、相手は真壁・矢野でどうでしょう?
何だかざわざわする試合になりそうじゃないでしょうか?

さて、少し曲がった見方をしておくとタイチ・デスペ・金丸が何かを起こしそうな札幌大会。
鈴木軍になにか不協和音が生まれている中で飯塚が少しでも心を取り戻した場合には鈴木軍に大きな影響を与える可能性もあります。
友情タッグなんて最近のファンの人は興味がないかもしれませんが、この友情タッグを取り戻した時は何か大きな事件になる可能性もあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitter