新日本プロレス、ビザの問題でアメリカ大会に日本人選手が不出場
スポンサーリンク

THE NEW BEGINNING USAとTHE NEW BEGINNING in SAPPORO
このほぼ同日開催が発表されたときのファンの声というのはほぼ一致で
「選手が分散されるじゃないか」「せっかくチケットとったのに」と
不満の声が多かったわけですが、いざTHE NEW BEGINNING USAのカードを見ると
日本人選手が出ておらず、LA道場選手+フィンレーやジュース達などということで
僕もこれのカードを見て「これ新日本プロレスの興行なの?」と疑問でしたし
現地のファンの人が今度は怒るのではないかと不安でした。

この理由ですが、大会での柴田選手の挨拶で判明しましたね。

「(※英語で)今日は来てくれてありがとう。すみません。私は英語があまり上手にしゃべれません。今回の大会はビザ問題がありました。(アメリカの)政府閉鎖の影響です。日本人選手が今回の大会に参加できなくて申し訳ありません。だが、俺が新日本プロレスだ。彼(フレドリックス)も新日本プロレスだ。俺たちは新日本プロレスだ!! そしてLA道場こそ新日本プロレスだ!! 全員が新日本プロレス魂を持っている!! 今夜の大会を楽しんで下さい!! ありがとうございます。以上です。(※日本語で)以上!!」

ビザの問題で日本人選手が参戦できなかったということで、
新日本プロレスワールドでの中継が1大会もないということは
映像スタッフも入れなかったのか、それともこのカードなら
入る必要もないということだったのかわかりませんが
結局新日本プロレスの文言だけ付いているだけの謎大会となってしまいました。

まぁLA道場の若手にとってはチャンスが回ってきたと考えることができますが
ちらっと海外のSNSなんかを見てみると「こんなの新日本プロレスじゃないだろ」と
お怒りの声が多いのでね・・・海外戦略に比重を置いてきている中でのこの問題は
小さなことではないのでイメージとしてはかなりマイナスでしょう。

ただ最近はこのビザの問題が影響した事例はちょこちょこ目にしますね。
僕が好きなXJAPANもSUGIZOがギリギリまでビザの問題でliveに出れるかどうか
問題になったこともありますし。

まぁマディソンスクエアガーデン大会にケチがついたことは事実ですが
今海外にいる岡(グレート・オー・カーン)を見ることができたという
価値が将来出るぐらい岡に頑張ってほしいなと個人的には思いました。


      プロレスランキング

       

      Twitter