ダブルメインイベントという名のセミファイナル
内藤哲也とクリス・ジェリコの試合はノーDQマッチとして
反則裁定なしでのルールで開催されました。

予想としてブログに書いていたのは、テーブルの上へのネックブリーカーと
椅子の上へのデスティーノ、別名イスティーノの発動があるのでは!?
そう書いていましたが、見事に外れましたね(笑)

CHAOS時代にはやっていたのに、制御不能の男がノーDQマッチに登場なのに
使ったのが竹刀(広島カープに入団できるレベルのフルスイング!?)と
ベルトで強打するというぐらいだったのは予想外でした。

全体的にはジェリコと内藤の試合ならこうなるよねという感じでしたが
ライオンサルトもウォールズ・オブ・ジェリコも「ふゆきさーーん」も見れましたし
内藤が2回もコードブレイカーをカウント2で返すというドキドキもありました。

また内藤が散々投げつけ、つばを吐き、蹴り飛ばし、そして破壊してきた歴史のある
インターコンチネンタルのベルトでジェリコを殴ってからのフィニッシュというのは
なかなかこれが味のあるシーンだったと思います。

腰に巻くこともなく、封印しようとすらしていたインターコンチネンタルに助けられて
そしてジェリコを倒して、その結果としてまたインターコンチネンタルが内藤についてきたわけですから
これまでに戴冠したときとは少し意味合いが違ってきますからね。

この辺りは内藤の素晴らしいセンスだなぁと思いました。

これで封印も破壊も無いでしょう。
しかし、ただ防衛するだけでは内藤らしくありません。

それであればこのインターコンチネンタルのベルトを餌にすることを考えるはずです。
ならば・・・・IWGPとの統一戦をブチ上げるのではないでしょうか?
そして、、、、新日本プロレス側からは無視されて終わるパターンかと(笑)

でも実際問題としてどうするんでしょうね?

目ぼしい相手もいませんし、このままタイトル保持をしているなら
NJCには不出場になるでしょう。
旗揚げ記念日でタイトル戦がセミファイナルであるのかもしれませんが
内藤と因縁があってインターコンチネンタルを巡って戦う相手っているのかな。

棚橋がIWGP王者でその下で内藤とオカダがインターコンチネンタルを争うとかは
流石にバランスが悪いと思いますからねぇ。

あと、これまた気になるシリーズになってしまいますが
試合中の10倍ぐらい試合後の内藤の顔が怖かったのはなぜなのでしょう。

花道を下がる間はずっと鬼の形相でしたし
客席を睨みつけているような瞬間もありましたし
ひどい野次でもあったのかもしれませんが・・・

ここ2つの記事でELITEの退団の噂とか、WWEがオカダとKUSHIDAに接触している噂とか
(もう1人は内藤、ただ内藤は瞬殺で断ったとの報道がありましたが)
「来てほしくない未来」についての不安を書いている私ですが
以前何度か目にしたことがあるんですけど、この時期が新日本プロレスの契約更新時期だからか
退団する選手とか引退する選手って、東京ドームの大会前にバックヤードの方で
全選手に発表して挨拶するとかって話を聞いたことがあります。

中邑が退団したときに内藤だけは怒りのコメントを出していましたが
この内藤の表情を見ると、この日の試合前に誰か退団することが確定して
試合後になって沸々とその怒りが湧いてきたりしてないだろうか?なんてことを
考えてまた不安になってしまいました。

もう1つ不安なのが、イッテンゴのカードです。
ロスインゴVS鈴木軍からの内藤と鈴木勃発とかはもう流石に許して!(笑)

プロレスを愛する人たちは↓こちらでも待っています


"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

 

Twitter