EVIL・SANADAが見事2連覇達成も東京ドームでは3WAYが濃厚に

ワールドタッグリーグの優勝決定戦は激戦の末にEVIL.SANADAが勝利。
BULLET CLUB VS ロスインゴという構図もあった試合でしたが
今年の最後の最後にロスインゴが巻き返してきたというところでしょうか。

東京ドームはこれでリマッチでタイトル戦と思いきや
試合後に登場したのはヤングバックス。

正直・・・静まり返ってませんでしたでしょうか?
新日本プロレスワールドの映像だと盛り上がっている感じはしませんでした。

理由としては彼らが登場した時点で「あ、東京ドームは3WAYだ」って思ってしまいますし
これにてロスインゴの内藤以外は全員タッグの3WAYということになりますので
それは嫌だなぁという人が多かったのではないかと思います。

もちろん3WAYは面白い試合形式なのですが、一度この形式が始まると
「俺達は負けてない」からの「リマッチ地獄」が続く可能性があるので
先々を考えるとあまり好んでない人が多いのではないでしょうか。

NEVERの新王者は飯伏幸太に、挑戦者はオスプレイ

NEVERコンテンダーマッチ、タイチとオスプレイの試合は
タイチの歴史上最大のベストマッチになる熱い戦いでしたが
最後はオスプレイが勝利してNEVER次期挑戦者に確定。

またNEVER王者後藤洋央紀は、飯伏幸太を何とか引きずり出したのに
結局負けてしまって飯伏幸太がNEVER王者になりました。

これにより飯伏幸太VSオスプレイ、まぁこの日のカードが決まった時点で
大本命の結果になったというところでしょうか。

恐らく東京ドーム大会の中でもすべての試合を食うぐらいのベストマッチが期待できる
飯伏幸太とオスプレイという2人の天才のシングルマッチとなりますので
めちゃくちゃ楽しみではあるのですが、新日本プロレス生え抜きの後藤にしても
今年メキメキと頭角を現して話題も沢山振りまいたタイチの居所がなくなるというのは
何とも、何とも複雑な気分です。

その他、オカダVSジェイに関しては「真壁さんかっけー」というブログをすでに書きました(笑)

棚橋とケニーの絡みは、、、どういう感想の人が多いのでしょうね。
何だか前哨戦を溜め込んで溜め込んでしているので本当は燃えるはずなのですが
カードが決まってからあまりに二人の距離が遠いので冷めている人もいるのかも?
そんな印象も少しだけありました。

そもそもジェイに毎日ボコられた棚橋・オカダ、その棚橋がケニーと対峙しても
棚橋のG1王者という権威がすでに失われているような錯覚がありますし
また前哨戦ですけどメンバー的にコミカルでアメプロな感じでしたので
燃える前哨戦は後楽園ホールまでお預けというところでしょうか。

内藤・BUSHI・鷹木も久々の登場となりましたが
対戦相手との因縁が高橋裕二郎と内藤ぐらいの話でしたし
試合後にジェリコが来ると思いきや登場せず。

何だか内藤もどうやって盛り上げたらいいのか?と難しい立場にされていますよね。

「ロスインゴは何しても人気だから扱いはこのぐらいでいいや」という
新日本プロレスの思惑が見え隠れしているのはちょっと今後心配になります。

2019.1.4東京ドームの対戦カードはほぼ決定か

これにて、後楽園ホールは前哨戦が中心となるはずですし
NEVER6人だけはタマ・ロア・石森が持っている状況だと
東京ドームで言い方は悪いですが「物語から外れた選手たち」を
ガントレットマッチで使うことができなくなってしまいますので
後楽園ホールの2日間でタイトル戦を組んで引っ剥がすんじゃないかと思いますが(笑)
それ以外のところは大体決まっているという感じになってきました。

・IWGPヘビー
棚橋 ケニー
・IWGPインターコンチ
内藤 ジェリコ
・NEVER
飯伏 オスプレイ
・スペシャルシングルマッチ
オカダ ジェイ
・IWGPタッグ3WAY
EVIL・SANADA タマ・ロア ヤングバックス
・IWGPjr
KUSHIDA 石森
・IWGPjrタッグ
デスペ・金丸 BUSHI・鷹木 SHO・YOH

これで7試合ですか。
後はIWGP.USも開催されるとすると8試合。
NEVERガントレットで9試合、去年は第0試合のバトルロイヤルを含めて10試合ですから
まぁ今年もそうなるのかなと言う感じですよね。

NEVER6人を真壁・矢野・石井で引っ剥がせ!!GBHよ復活だ!

後楽園ホールでタマ・ロア・石森がNEVER6のタイトルマッチを行うとして
対戦相手は誰になるのか?というところなのですが、今日の大会でBULLET CLUB(ジェイ達)に
ボコボコにされるオカダ・矢野・KUSHIDAを救援しに来た真壁が絡むとうれしいな~と。

真壁・矢野・石井の挑戦とかいかがでしょう。
まぁ、これだと「棚橋・オカダとKUSHIDA・ロッキーが組んだ理由付けが薄い」と
文句を言っていた私なので矛盾してしまうのですけれど(笑)
ただ、もう本隊とCHAOSはこのように組んでいるわけですし
何ならKUSHIDAと矢野まで組んでしまったわけで、その試合で真壁が助けに来たと。

そして・・・このシーンがあればもう理由はそれだけでいいでしょう!!

真壁が矢野を気遣っているんです!!

このシーン、10年のGBHからの歴史がまだ生きている素晴らしい瞬間なのに
新日本プロレスワールドよ・・・なぜこの直後に真壁・矢野を抜かずに
BULLET CLUBのどアップに切り替えたんだよ!!(泣)

※ただ新日本プロレスの公式には写真があります。
僕的には棚橋・オカダの握手より泣けるシーン。

真壁が矢野を心配しているシーン

新日本プロレス本隊の中のGBH、真壁と本間という状況ですが
ヘナーレがGBH加入を直訴していますし、これで矢野と石井と同盟を組み
新生GBH~第三期~を結成してくれたら・・・ユニット贔屓しない僕ですが
GBH信者となってグッズ買いまくることになります(笑)
NEVER6に挑戦するなら真壁・矢野・本間orヘナーレもいいと思いますし
何だか棚橋・オカダから派生したものの方が楽しみでなりません。
KUSHIDAとロッキーがタッグ戦線に行くとかも可能性がありますし
新日本プロレスがひっくり返るような地殻変動があちこちで起こるかも?

プロレスランキング

"当サイトで紹介している情報の一部はnjpw/njpwworldより引用しています"

Twitter