秋田大会で7連敗となった棚橋とオカダのドリームタッグチーム。
今年残り3試合で二人だけのタッグがあると思っていたのですが
試合後のコメントを見ると・・・あまりやる気を感じません(笑)

棚橋「タッグのシリーズでこう、オカダとね、まあ2人だけではないにしろ組んで、改めてタッグマッチの難しさを知り……。イメージとしては映画の、マーベル(スタジオ製作)の『アベンジャーズ』のように、とにかく強くてかっこいいチームになるかなと思ったんだけど……。とりあえず、オカダとのタッグは、これで終わりかな? まだあるのかな? もしかしたら始まってないってことは、終わりもないかもしれないし。『アベンジャーズ』じゃなかったら、俺はダントツで『アイアンマン』が好きだから。アイアンマンは俺でお願いします」

オカダ「まあ、決まっ(てい)たオカダ、棚橋組っていうのは、これで終わったなと思います。盛岡(12.9)、どうなるかわからないですけど、僕は対ジェイということで今シリーズやってきたなかで、まあ、ある意味、ジェイ、ビックリさせてもらってるよ。別に、オカダと棚橋が組んで、そのタッグチーム、すごいパワーだと、別に信じてたわけじゃないけども……想定外だよ。それだけビックリさせてもらってます。いいね。もっともっと調子上げて、もっと上までいってちょうだいよ。おいしく実ったところで、(1.4)東京ドームかな、お前が実るのは、そのときにオカダ・カズチカ、ペロリといただきます」

棚橋はケニーとのタイトル戦に向けて、10月ぐらいは禅問答のようなコメントをしていて
個人的にはそれが「悟りを開いたエース」のようで、ケニーとの対比が美しい!と感じまして
ドームへの期待感がとても増したのですが、さすがに前哨戦も全然ありませんし
何なら「棚橋って東京ドームで誰に挑戦するんだっけ?」と一瞬考えてしまうファンもいるのでは?
そんなことを思ってしまうぐらい棚橋とケニーの距離が遠すぎて、出会えていない状態ですから
正直なところ盛り上がりをここから取り戻すのは大変な状況。

本当なら棚橋はケニーに会いたくて会いたくて震えるぐらいの状態なのではないでしょうか。

さて、このオカダと棚橋のタッグが決まってから、実現してからもずっとそうですが
特に話すことがないからなのか何だかよくわからないコメントが増えている棚橋。

まぁアベンジャーズのくだりはどうでもいいとして・・・
いや、何だかキャプテンアメリカからキャプテンニュージャパンを連想してしまう。
やっぱり棚橋の唯一の友達はキャプテンニュージャパンだけという意味なのだろうか。

で、棚橋があっさりと。
「とりあえず、オカダとのタッグは、これで終わりかな?」

なんて言い始めてしまいました。

そしてオカダはオカダで。
「まあ、決まっていたオカダ、棚橋組っていうのは、これで終わったなと思います。」

「決まっていた」という言い方が「会社が決めただけのこと」という印象なんですけど
やっぱり棚橋もオカダも「何でこんなドラマティックなタッグをジェイの餌に使われたのだろう」という
モヤモヤしている部分があるのでしょうか。

YOSHI-HASHIがキーマンだったはずですが怪我でいなくなってしまい
それでもこの物語を前に進める必要性があり、そしてそれはこんな結末に、と。

また棚橋の発言のアベンジャーズをちゃんと考えるとすれば
「アベンジャーズでも勝てないほどのジェイ・ホワイト」です。

そしてオカダも「オカダと棚橋が組んだのにジェイの強さに驚いた」という
ことを発言しているわけですから、この7戦で「ジェイ・ホワイトは棚橋・オカダが驚愕するほど強い」という
超絶な格上げというか再評価になったという形ですよね。

今年も残り3大会しかありませんが、棚橋は特にジェイをぶっ潰すというような思いも出さず...

そりゃそうですよね、共通の敵ジェイという話からして棚橋は乗れてないでしょうし
そもそも棚橋の大勝負は東京ドームのケニーオメガ戦なのですから。

オカダに関しても「もっともっと調子上げて、もっと上までいってちょうだいよ。おいしく実ったところで、(1.4)東京ドームかな、お前が実るのは、そのときにオカダ・カズチカ、ペロリといただきます」

ということで「7回も負けたんだから、東京ドームまで待てない、すぐにでもブチのめす」というような
リベンジ精神とかではなくあと3大会でもっとジェイが調子を上げて、ドームでそのジェイを倒すという
「1回シングルで勝てばドリームタッグの7連敗とかどうでもいい」感じがします(笑)

そして二人共こんなモチベーションで仮にまだ年内にタッグが組まれたら
見る側のモチベーションは上がるのでしょうか。

ただ、こういう状態の棚橋とオカダ、そして内藤も仮に加えるとすると
外人社長&外人選手優遇という雰囲気が出てきている新日本プロレスフロントに対して
反体制として動くなどすれば相当盛り上がるような気がするんですけどね。

何にしても現状では「らしくない」

ジェイはこれから無限の可能性がある素晴らしい選手です。
オカダは新日本プロレスの宝、棚橋はいつまでも最高のエースです。

この3人が絡んでいるのにこんなに盛り上げようとしないのはらしくない。

試合後のコメントで言えばジェイは必死で盛り上げようとしています。
凱旋帰国した時に乱入したのにマイクを使わずに「ワタシハシンニホンニカエッテキマシタ」と
TVのマイクがギリ拾うぐらいの声で棚橋にアピールして、棚橋が普通にキレた顔をした日から
まだ1年と1ヶ月ぐらいなのですから、メキメキと成長しています。

あ、棚橋とオカダが圧倒的な状態だとジェイの成長が伝わらないから
二人は控えめにしているということなのかな・・・


プロレスランキング

Twitter

おすすめ記事