またしても暴走し反則負けしたチャッキ-T。
以前オカダカズチカのペニーワイズ説なんてのを書きましたが
チャッキーと言えばチャイルドプレイということで
あのイカれた人形ぐらいのぶっ飛び方をしていて個人的には好きです。

長年プロレスファンをしている自分ですが「マジ?」と一瞬錯覚してしまうぐらい
チャッキ-Tが凄いところが「目」です。

上手い役者さんは目だけで物を語りますし、目で演技すると言いますが
チャッキーの目は本当にその域に達しています。

というのは、僕の超酒乱の祖母が日本酒を飲んで暴れているときと
チャッキーの目が全く同じなのですよ(笑)

それこそ僕の祖母が酒を飲んだ時なんてのは、飯塚高史レベルの話じゃないぐらい
本当に病的なレベルの次元でしたが、その目とチャッキーの目が同じというのは、これは僕には痛烈に刺さることでした。

この先どうなるのか?最終戦の相手はジュースとフィンレーですが
その1つ前が中継がある試合で相手がタマ・ロアのBULLET CLUB。
ここで噂されているBULLET CLUB入りかそのフラグがあって
最終戦でバレッタを裏切るのかなとも思うのですが「裏切り者」の存在を匂わせている
ジェイがおらず、またオカダもいないカードでそうなるとも思えず。

1つ考えたのが、この試合がセミなので試合後にバレッタ・チャッキーが滅多打ちに合い
そこにメインのオカダ達が助けにして、ジェイ達も来て12人タッグに変更となった中で
チャッキーが裏切る?なんてところまで考えましたが、そうなると次の日に
バレッタとチャッキーが公式戦最終戦に出場するのもおかしいですからねぇ。

ま、チャッキーが裏切って「新日本プロレスがひっくり返る」とは思えませんけども。

第3世代への敬意が見えたEVILとSANADA

いつもの「盛り上がらないワールドタッグリーグ」であれば
海野と吉田の奮闘は注目されたのでしょうけど、今年は運悪く(?)盛り上がっているので
何だかランスとスミスに1試合目で瞬殺されて9連敗となったりしても
「うん、仕方ないよね」で済んでしまっているのが悲しいところ。

そんな試合が終わり、中西・永田VSロスインゴEVIL・SANADAの試合でしたが
EVILが権利のない永田にイービルを使ったことや、SANADAが完璧なムーンサルトで勝つなど
「あぁ、この二人は第3世代に敬意を持っているんだなぁ」ということが伝わって嬉しかったです。

SANAAD「実は……今さらですが……まだ、(言うのは)やめときます」
EVIL「永田、中西、お前らの底力、見せてもらったぜ。」

試合後のコメントでもEVILは性格の良さがチラッと出ていますが
やはりね、この二人に教わったことも多いはずですから、こういう言葉が出ることは
魔界の王とは言え中身はプロレスラー、アスリートですから見ていて気分がイイです。
で、SANAADですが・・・ってSANAADって誰やねん!!
(2018/12/3 15:00現在の新日本プロレス公式サイトではSANAADになっている)
サナード?もしや、イービルに勧誘されて魔界の人間となり、名をサナードにするのか?
でもイービルとサナードって名前のバランスが良いぞ、僕は好きだぞこの感じ。
さて冗談はそのぐらいにしておいて、SANADAが何を言うのをやめたのか気になりますね。
「今さらですが」ってことはすでに前に起こったことでファンが知らないことですよねぇ。
『実は……今さらですが……フィニッシャーをムーンサルトに変えました』
『実は……今さらですが……新日本プロレス所属になりました』
『実は……今さらですが……パラダイスロックを拝借しました』
うーむ、何なのか気になる。

ワールドタッグリーグ2018 終盤戦

まだ試合数が4つ残っていますので、一応可能性が残っているチームもありますが
普通に考えると真壁組・テンコジ・ペイジ組・鈴木組は敗退。
もちろん永田組・海野組も敗退決定という状態ですね。
14点:EVIL組 タマ組 石井組
12点:ジュース組 KES
10点:タイチ組 バレッタ組 エルガン組

ここから3大会をこなして、最終戦ではEVIL組VSKES
石井組VSタマ組 ジュース組VSバレッタ組がありますね。

個人的には前にも書いたようにタイチ組VSEVIL組での決勝リマッチが良かったですが
残り4試合で4点差は厳しいですね・・・
全勝した上で14点組が2敗してくれないといけないですからね。
まぁ、こうなると14点組3つとKESで4WAYからのドームリマッチという流れまで
ありえるような混戦状態で行くのかなと思います。

棚橋・オカダ 3連敗

ということで、これで山形・秋田までは動きがないと思いますので
高知・神戸で5連敗となるのかな・・・という感じですね。

ところで試合後のコメントに変化が出てきました。

棚橋「焦ってはいない。自分の気持ち、たまには正直に、わかんないけど、みんな衝動を抱えながら、そして抑えながら生きてるけど、衝動のまま、気ままに、やったりもありだと思うし。結果は、必ずついてくるから」

オカダ「だいぶ、いい感じだったんじゃないでしょうか。まあ、棚橋、オカダ組……ひとつ、僕が冷静にならなきゃダメだな。ジェイに対して、冷静になって、とことん棚橋弘至、アンタを利用させてもらって、もっともっと上に行かしてもらいます」

まず気になるのが棚橋の「みんな衝動を抱えながら、そして抑えながら生きてるけど、衝動のまま、気ままに、やったりもありだと思う」ですね。
今のこと、というより先のことを話しているようなワードなんですよね。
衝動のまま何をするのでしょうか?
次にオカダの「棚橋弘至、アンタを利用させてもらって、もっともっと上に行かしてもらいます」という言葉。
う~む?真意はわかりませんが、この言い方だと棚橋を利用しないとジェイに勝てない宣言ですし
オカダともあろうスーパースターが棚橋を利用しないと上に行けないの?という印象を受けました。
生意気で憎まれるぐらい強いオカダの方が魅力的なんですけどね・・・
散々これまでにも書いたことですが、ボロボロになり這い上がるオカダは見たい。
オカダに唯一足りないのがカタルシスだから。
だけど、この棚橋に頼ってもジェイに勝てないというのはちょっと違う気がするんですよ。
ここで「オカダ頑張れー」と言われるような低い存在じゃないですからね(笑)

Twitter

おすすめ記事