少々気が早いような気がしますが、そうは言っても2週間後の話。
Road to TOKYO DOME後楽園大会2連戦は東京ドームに繋がる試合ですので
例年は対戦カードが想像しやすいです。

しかし今年は下のブログでも書いたように「棚橋・オカダ」「本隊・CHAOS」の関係もあれば
王者が外人ばかりで参戦しないことも多い状態になっている上に明確なユニット抗争でもない。
更には鈴木軍すら不穏な空気をタイチ・ザックが出しているわけですから想像が難しいです。

しかしそれが逆に楽しいわけです(笑)
ワールドタッグリーグ最終日が終わればほぼ対戦カードは想像できますが
それを待つだけなのはプロレスファンとして勿体無い。
ということで妄想していきたいなと思います。

棚橋弘至の前哨戦

棚橋弘至は東京ドームでケニーオメガに挑戦。もちろんメインイベントです。
当然後楽園ホールでも特に2日目はメインでケニーオメガと当たるべきですよね。

棚橋弘至・○○VSケニーオメガ・○○という構図だと思いますが
シンプルに考えるならケニーオメガのパートナーは飯伏幸太。
この場合、飯伏幸太が後藤に勝利してNEVER王者になっている状態なら
棚橋弘至のパートナーに東京ドームでの挑戦者が入るとダブル前哨戦になります。

本隊の選手で飯伏とNEVER戦を東京ドームで行う選手・・・いない(笑)
まぁ何とかピックアップするならジュースロビンソンでしょうか。
個人的には真壁と飯伏の試合は好きなので真壁登場もアリだと思いますが
ワールドタッグリーグでボロボロの成績から突然挑戦というのは微妙。

またこの時までに本隊とCHAOSがくっついている状態なのであれば
棚橋・オスプレイとか棚橋・後藤という可能性もないことはないか。

逆にBULLET CLUBが一まとまりになってくれているのであれば
棚橋・KUSHIDAとケニー・石森というのが一番「定番」な感じなのですが・・・

もしくは、棚橋とオカダが良好な関係のままで"事件"が起こらずに
この後楽園までたどり着いたのであれば、初日は棚橋・オカダVSジェイ・ファレ
二日目に棚橋・オカダVSケニー・飯伏というのはありそうです。

ただこうなるとファレはまぁいいとして、飯伏に関しては後藤に負けた状態に
なっているのかな?とも思いますね。

何にしても棚橋とケニーの隣に誰が立っているのか?
これはカード発表が待ち遠しいです。

内藤哲也・ロスインゴの前哨戦はどうなる?

NHKのプロフェッショナルで特集されたというのに
ワールドタッグリーグのシリーズの中盤からカードがない内藤。
(これは戦略としておかしくないか新日本プロレス^^;)

そして東京ドームではクリス・ジェリコに挑戦することになりますが
前哨戦はなさそうですね・・・まぁ乱入してくるぐらいはありそうですが。

BUSHI・鷹木はタッグタイトル戦の前哨戦があると思いますが
3WAYだけに難しいところですよね。

またEVILとSANADAがワールドタッグリーグで勝利していれば
IWGPタッグ挑戦になるはずですから、前哨戦がとてもむずかしい。
なにせ、この場合はBULLET CLUBとの前哨戦も必要になりますので
ロスインゴVSCHAOS・鈴木軍・BULLET CLUBが必要になりますから
2日間の大会では消化できないことになってしまいます。

ただ、負けて挑戦するロスインゴのBUSHI・鷹木の存在が重要ですから
ロスインゴVS鈴木軍とロスインゴVSBULLET CLUB?と思うのですが
これも何だか不自然さも感じます。

ロスインゴに人手が足りないのでカードが作れないのが問題ですが
仮に高橋ヒロムが復帰できる状態であり、EVIL・SANADAが
ワールドタッグリーグ2連覇ならずの状態になった場合には
内藤・BUSHI・鷹木 VS 鈴木・デスペ・金丸
内藤・BUSHI・鷹木 VS 後藤・SHO・YOH(後藤のところはオカダ・石井なども可能)

そして、EVIL・SANADA・高橋ヒロムはNEVER6人に行くことになれば
VSBULLET CLUBでも・・・と思ったのですけどね、考えてみると東京ドームで
KUSHIDAに挑戦する石森がNEVER6人を持っているわけですよ(笑)

それなら後楽園初日でNEVER6人タイトル戦を行って
それが別チームに渡っていないといけなくなりますね。

まぁジェリコが海外でヤングバックスと組んだりしているので
内藤・EVIL・SANADA VS ジェリコ・ヤングバックスとか
こういう豪華なカードも妄想するのですが、こうなってしまうと
やっぱり鷹木・BUSHIの前哨戦がなくなるので・・・

意外と「雑」なカードを組まれるような悪い予感もします。

オカダの前哨戦はどうなる?

棚橋とのタッグ継続であればお互いの前哨戦に協力する形もありそうですが
オカダとジェイがぶつかるとしても、オカダ・後藤VSジェイ・ファレとかでしょうか?
後藤がNEVER王者なら後藤・ファレのタイトル戦などがあればダブル前哨戦になりますが。

ただやはりここまで考えても、あまりカッチリしたカードにはならない気がします(笑)

下手したら棚橋・マスクドホースVSケニー・飯伏とかそんなこともあるかもしれませんし。

何にしても年末の後楽園と言えばオカダの相方はYOSHI-HASHIが定番という中で
未だに欠場中ということもありますし、やはり今回に関してはイレギュラーなことが多い中ですし
ベルトがここまで乱立するのに前哨戦が組みにくいという状況が生まれていますので
メイン以外はザックリとしたカードになってしまう気がします。


プロレスランキング

Twitter

おすすめ記事