ワールドタッグリーグのシリーズが日々開催されています。
富山大会では真壁・ヘナーレが永田・中西に勝利!
ヘナーレにとっては嬉しい勝利になりましたね。

KESは2連勝しエルガンとコブは2連敗ということで
やはりタッグ実績で勝るKESは優勝候補ということでしょうか。

矢野・石井は鈴木・飯塚に勝利して1勝目、鈴木組は2連敗ということで
こちらも早速厳しい状態となってしまいました。

タマ・ロア組はジュース・フィンレーに勝利して2連勝。
やはりタマ・ロア組は安定していますし、人気も出てきているような・・・

新潟ではテンコジが海野・吉田に勝利して1勝目。
ヤングライオンには第三世代に勝利してほしかったところですが。
やはり全敗濃厚でしょうか?1つぐらい爪痕は残してほしいですね。

意外なのはバレッタ・チャッキーが2連勝というスタートです。
タイチ・ザック組は格で考えればここは勝利すると思いましたが・・・
試合後にはタイチとザックが物騒なことを言っていますので
この先にハチャメチャな暴れっぷりで巻き返してくれることに期待!!

EVIL・SANADAは高橋・ペイジに勝利して2連勝。
一方で高橋組は2連敗となってしまいました。

ということですでに差が出てきているワールドタッグリーグですが
エントリしていない内藤があることに物申しています。

今日、試合前に何気なくTwitterを見てたらさ、新日本プロレスの公式Twitterがこうつぶやいてたよ。『夢の合体まであと8日』って。おいおいおい、それ、試合のある日につぶやくことなの? いま『WORLD TAG LEAGUE』中だよ。新発田大会に出場する選手、そして新発田大会のチケットを持ってるたくさんのお客様に対して、失礼だと思わないんですか? なにより、この『WORLD TAG LEAGUE』にエントリーしてる選手に失礼でしょ。まあ、棚橋、オカダ組を宣伝したい気持ちはわかるよ。でもそれさ、せめて試合のない日にやってくれるかな? まあ、棚橋、オカダ組、そんなに楽しみならさ、いっそのことシリーズ名変えた方がいいよ。そうだなあ……『Road to DREAM TAG』にでも、今すぐ変更しろよ、カブロン!

まぁ、新日本プロレスとしてはワールドタッグリーグの結果よりも
「オカダと棚橋が組みますよ!凄いですよ!」を宣伝したいところでしょうし
11月28日の後楽園ではオカダ・棚橋・KUSHIDA組のお披露目がメインイベント。
新日本プロレスワールドの中継もあるので加入者拡大のためにツイートしているのでしょう。
これについては、内藤ではなくてワールドタッグリーグにエントリーしている選手が
発言すると株が上がるんですけどね・・・
それにしても、このブログ更新時点で新潟大会の結果ページに
ワールドタッグリーグの星取表すら掲載してませんからね(笑)
これからのシリーズのカードを見るとワールドタッグリーグの公式戦が前座で
メインは棚橋・オカダ絡みかCHAOSとロスインゴのタッグ戦ですし
何なら優勝決定戦進出が決まるであろう秋田大会すらメインがワールドタッグリーグの
公式戦になるのかわからないぐらいの状態ですからね(笑)
ま、でもこのテコ入れというのは企業としては正解かもしれません。
ワールドタッグリーグでは客が入らないと思っているからこそ
年末の後楽園まで待たずしてさっさと棚橋とオカダを会社発表という形で
慌てて発表したのではないかと思いますし、実際問題として後楽園ホールと大阪ぐらいしか
チケットが完売していないんですよね、まだ。
何なら棚橋・オカダが開催される地方でも売り切れていません。
タッグを軽視してきたツケでもありますし、やはり「ドームのカードが決まってない人のタッグリーグ」という
逆ブランディングをし続けてしまったことの結果なのではないでしょうか。
もう1つは、これも仕方がないことですがTVや新日本プロレスワールドで
大きな大会とか後楽園大会を見て興味を持って会場に行く地方の人からすると
現地で見る試合は映像で見たものとは違っていることが多いでしょうし
お目当ての選手やチャンピオンは出場していなかったりするわけですから
リピート率が高くないと思うんですよ。
いい試合は映像で、現地ではグッズを購入してサインをしてもらうことがメインという
割り切ったファンの人にとってはこの環境の方が良いとは思うのですが
現地で燃えるような大会を観戦するという経験は地方の人ではできないですからね・・・
他のスポーツ、野球とかサッカーなら場所を関係なく全力でやるしかないですので
そういうところと比較された時に弱いのがプロレスなのかもしれません。
ただサッカーでも代表戦なんかはね、先日の日本VSキルギス戦とか
キルギスと試合してどうすんの?というカードでしたけども(笑)


プロレスランキング

Twitter

おすすめ記事