ワールドタッグリーグの出場チームと概要が決定。
今回はリーグ分けなしの総当たり戦となり1位2位が決勝戦を行うことに。

そして「同点チームが複数で直接対決の優劣がつかない場合は優勝決定戦進出決定戦(ルールは状況に応じて決定する。)を行う。」

ジュニアタッグリーグと同じ『ルールは状況に応じて決定する』ということですね。

【参加チーム】

真壁刀義&トーア・ヘナーレ
天山広吉&小島聡
永田裕志&中西学
吉田綾斗&海野翔太
ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー
マイケル・エルガン&ジェフ・コブ
石井智宏&矢野通
バレッタ&チャッキーT
ハングマン・ペイジ&高橋裕二郎
タマ・トンガ&タンガ・ロア
鈴木みのる&飯塚高史
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
ザック・セイバーJr.&タイチ
EVIL&SANADA

これを目標にしていた本間選手は出場できず、真壁選手はヘナーレ選手とのタッグで出場。
第3世代は久々に活躍の場となりますね。
吉田&海野の若いコンビがどこまでインパクトを残せるのか?
鈴木軍は3チーム参加となりますが直接対決が楽しみですし
タイチ・ザックVS鈴木の絡みは特に注目が集まりそうです。
エルガンとジェフコブのパワータッグも大活躍してほしいものです。

ジェリコに負けてしまったEVIL、そして最近目立てていないSANADAですが
ディフェンディングチャンピオンとして連覇を目指してほしいですね。

不参加となるのは棚橋、オカダ(KUSHIDA・ロッキーを含めてタッグ結成)
ケニー、飯伏、ジェイ、後藤とファレもいないんですね。
って、内藤もいないしヤングバックスもいないのか。

ん~・・・でもまぁ逆に面白くなるような気もします。

EVIL&SANADAとタイチ&ザックはEVILとザックの因縁もありますし
(ジェリコに負け&内藤に負けた同士という状況になりましたが...)
鈴木みのるが下剋上されてもおかしくない組み合わせでもありますし
永田と鈴木みのるの試合が久々に見れるというのは個人的に嬉しいです。

後は吉田と海野がここでどこまで活躍できるのか?というのは
日本マット界の未来の大きな1歩になるかもしれません。楽しみです。

勝ち点はめちゃくちゃ偏りそうですけど(笑)

優勝候補で言えばEVIL&SANADA、KES、タマ&ロアで3WAYになるのか?
前NEVER王者タイチ&NJC優勝およびG1で勝ち点12で同率1位のザック組は
このように実績で考えればダークホースとは言えない優勝候補とも言えますので
4WAY決勝戦からのドーム再戦などはあるのかなぁと妄想。

なんて書いていると、ザックの実績が良すぎることを忘れていた自分に気が付きました(笑)
淡々と書きましたが春にNJC優勝、夏のG1で内藤・ケニー・飯伏に並んで勝ち点12で
直接対決の結果で優勝決定戦にはいけませんでしたが数字上はグループ1位。
NJCから考えると棚橋・内藤×2・SANADA・後藤・飯伏に勝利しているわけですから
実績で言えば今年1番なんじゃないか説(笑)

TAKAみちのくのマイクが楽しみだったのですが

さて、このチームと概要を見た時に最初に思ったことが
「TAKAみちのくは相手がKESや鈴木みのるの時に、マイクでザック勝利を宣言して呼び込むのか?」です。
最近はファンに定着したザック&TAKAのコンビと試合前のマイクアピールですが
同じユニットのKES、そして同じユニットのボスである鈴木みのるに対して勝利宣言をするのか?と。

が・・・そんな大仕事の直前に例のスキャンダル発覚ということもあり
登場するのかしないのか、登場しても野次があるだろうし、登場しないとそれが盛り上がらない。

例の「窓際」発言もあっただけに(僕は鈴木軍は活躍していると感じているし窓際とは思ってません)
窓際ユニットのチームが窓際ユニットのボスを呼び込んでいる図として野次が飛んできても
なんら不思議ではない状況にしてしまったことは大変残念でなりません。

難しいんですよねこの手のケースは。
TAKAみちのくが出てきて大歓声を過剰に送るのも変な感じになりますし
ブーイングするのもちょっと違う。シーーーンとするのも最悪です。

ただね、TAKA選手も百戦錬磨もプロレスラーですから
天才的な着地地点を見つけて盛り上げてほしいものです。


プロレスランキング

 

Twitter

おすすめ記事