東京ドーム大会でオカダVSジェイが決定。
「大阪でシングルやっても良かったのでは?」と思いましたが
そう思っている人はSNSを見ていると多い印象を受けました。

chaosの内紛、chaos VS BULLET CLUBという構図での大一番でのシングルマッチとなりますが
例の「まだオカダの周りに裏切り者がいる」というフラグ消化をしていませんし
ただ現時点でこのカードが決まるということは、もしかすると年内に動きがないケースもあります。
(1月5日後楽園になるのか?)

まぁノンタイトル戦なので勝者が何かしらのベルトに挑戦するのでしょうけど・・・
オカダが勝利して棚橋・ケニーの勝者、ジェイが勝利して棚橋・ケニーの勝者に
挑戦すると言われても、元はchaosの内紛での遺恨マッチなのですから
それを勝利したからと言ってベルトに挑戦されても「なぜ?」ですしね。

なので結末ではなく通過点、オカダとジェイの物語の点として
この試合があると考えるべきなのか?と思いました。

ジェイ「全部俺のおかげ」

ジェイのコメントはかなり長かったですが、予約すると「全部俺のおかげ!」です(笑)
「お前の持っているものをすべて奪ってやる」ということでまるでジャイアンのよう。
ジャイアニズムですね、オカダの身ぐるみを剥がす勢いです。

ただまぁ、オカダは肝心のベルトを持っていませんし
すべて奪うという意味合いが「chaosを吸収」とか「棚橋という友達も」であれば
それは大変ワクワクするのですが、ドームで試合が決まってしまったので・・・

それまでにオカダが本当に孤独になって、ドームでジェイに負けてしまい
一人ぼっちで這い上がっていく姿は見たいですし(オカダにはまだこのカタルシスがないし)
そういう流れなら面白いと思いますが、これでただドームで試合するだけだと・・・。

気になるのは「俺がすべてを変えてやる。オカダだけでなく、CHAOS、BULLET CLUB、すべてを変える! そして俺という存在を、みんながすべて幸運に思ってほしい。」というコメント。

何だかchaosを潰すとかオカダから全てを奪うというコメントと反して
このコメントには何かポジティブなものを感じました。

やはり大きな転換期の中心はジェイになるのでしょうか?

俺からしたら外道さんなんて、そんなに大事なものじゃないから

ジェイが「お前の大切なものを奪った」ということに対して
オカダは「外道さんとか大事じゃないしw」とニヤニヤ(笑)

この手の皮肉とふてぶてしさ、相手を舐めた感じというのは
レインメーカーショック当時のオカダを見ているようで個人的には好きです。

あの時のオカダの「とんでもない出る杭感」は凄かったですからね。

この発言で外道さんが意外と凹んでそうで想像すると面白いのですが
オカダとしてはジェイなんてまだ顔じゃないし、ドームでこんなカードでいいの?と
疑問を持ちつつも組まれたからには叩き潰すという意気込みなのでしょう。

ところでジェイ戦より気になるのが棚橋との関係性について。
これについてはオカダのコメントを引用すると以下のようになっています。

「棚橋さんとの関係性ですか……。まあ、結託はしてないですね。あれだけ試合で助けてもらったんだったら、握手も。いつまでも『ありがとう』とも言わずにっていうのも、ちょっと礼儀としておかしいかなと思ったので。そういう意味で握手しただけですし、僕が本隊入ったわけでもCHAOS抜けたわけでもないですし。僕も9月に神戸で(棚橋に)負けたっていうのは忘れてないので、一緒にやっていこうというのはまったくないですね」

ということなので、ワールドタッグリーグにはもちろん出ないのでしょうけど
そもそも組むような様子もありませんね。
まぁ組むことになるであろう大会もありませんし、前に妄想として書いたように
年末の後楽園ホールで何らかの形での前哨戦などではありえるのかもしれませんが
暫くの間、進展というのはないのかな?という印象に変わりました。

これから2ヶ月の間で盛り上がるかそうでもないのかが決まるカードですが
オカダとジェイがどのように話題を集めていくのか?は見どころです。


プロレスランキング

Twitter

おすすめ記事