エイリアン1~4とプロメテウス(エイリアン1より前の話)を
イッキ見!とはいかずですが、2日に1本という感じで見ました。
エイリアン3までは見たことがあったのですが、再度見直して思いました。
映画のシリーズ物の定番と言いますか、やっぱり1作目が一番おもしろいですね。

1979年の映画ですよ?僕が生まれる1年前と考えると
ちょっとありえないぐらいのクオリティですもん。
それこそエイリアンに力を借りて作ったのでは?と思ってしまうぐらいです。

アルマゲドン(1998年)ぐらいまでの映画とは遜色ない気がしますよ、大げさでなく。

エイリアン1に関してはシガニーウィーバーの出世作となるわけですが
シナリオ良し、映像良し、利益主義の会社があり、AI搭載のアンドロイドがおり
エイリアンの凶悪さに加えてエイリアンの出産の仕組みでありこれは当時リアルタイムで見たら
どれほどの衝撃だったのだろうかと思いますね。
そして「この映画にはNEXTがある」という匂いを出す手法も当時は斬新だったのではと思います。

エイリアン2はアクション要素が強くなっていますが
よりエイリアンの実像が見えてきますし「今度は戦争だ」というコピーに合う
激しい戦いの映画だったなという印象です。
これも相当完成度が高いと思いますし、エイリアン1~2は何度でも見れますね。

エイリアン3は好みが分かれますね。
囚人星的な場所に降りたリプリーですが、前作で必死こいて命がけで助けたニュートが
いきなり死んでいるというところで個人的には若干萎えました。
人間ドラマとしても前作までより薄いっちゃ薄いんですけど
エイリアンの強さというか恐怖感は増しているように思いましたが
エイリアンの映像は1や2の方が好みなんです。

エイリアン4は3から200年後の話でクローンとなったリプリーが登場。
シガニーウィーバーも若干老けています(笑)
評判はわりと良いのかな?でも個人的には中途半端なヒーローアクションに感じました。
リプリーの遺伝子を持つエイリアンの赤ん坊が鍵になりますが
ちょっとかわいそうな形になるので、そこも何となく嫌な気分になります。
ホラー好きな私でグロ好きな私なんですが、エイリアンと言えども赤ん坊だと
擬人化して見てしまうのでね・・・

さ~て、プロメテウスですよ。
エイリアン1より前の話なのですが、「人類の起源」を求めて宇宙へ行ったら
「エイリアンの起源を作ってしまった」的な部分は嫌いではないです。

そしてシャーリーズセロンが美人なのもいい。

だが・・・それだけなんですよねぇ。

乗組員は専門家なのにアホばかりで、大した検査もせずに酸素があるってだけで宇宙服のメット取りますし
見たこと無い明らかに凶暴な虫みたいなのに「よーしよーし」とムツゴロウして腕粉砕されますし。
アホみたいな死に方をするキャラが続出するわけですよ。

そんでもって主人公のエリザベス・ショウの吹き替えが下手過ぎて
途中で映画を止めて「誰やねんこいつ、絶対プロの声優じゃなくて芸能人ねじ込んだろ」と思い
怒りに震えながら調べてみたら剛力彩芽ですよ。

いやね、剛力彩芽が下手という以前の問題で
キャラの年齢やルックスと当時の剛力彩芽の年齢が20歳ぐらいだから合わないわけですよ。

そしてもう1つ、エイリアン1の前の話だっていうのに
エイリアン1と比べて設備が新しすぎ、エイリアン1より進化してどうすんだと。

エイリアン1なんて自分で飯を更に盛り付けてたけどプロメテウスでは自動。
お水を水道から飲んでいたのに、ドリンクバーみたいなのがあるし。
ボロボロのモニターでテレビ電話していたのに、それ以前の話なのにもうSF全開の設備ってのはおかしい。

もちろんSFなのに古いという表現は難しいとは思うのですが
それにチャレンジする良い機会だったのになぁと残念に思いました。

ま、そうは行ってもエイリアン1が来年で公開後40年ですよ。
このタイミングで見たことがない若い人にも見てほしいなぁと思います。

Twitter

おすすめの記事