20年前、いや10年前でもまだ現実味がなかったですが、2018年現在だと「近さ」を感じるドラマ、ヒューマンズ。
人工知能で動くアンドロイド、ロボットであるシンスという存在が社会や一般家庭に普及している世界が舞台。

人間の行う仕事は、人間とほぼ同じ外見のシンスが何でもこなしてくれることですでにシンスは社会の重要な一部になっています。
そんなシンスを購入するジョー。購入した理由は、妻ローラの弁護士業が忙しく外出が多いことからで、子供3人の面倒を見ることもままならないから。

妻に内緒で購入したシンスの名はアニータ。アジア風で美しいそのアニータは家事を完璧にこなしてくれる素晴らしいシンスですが、ローラはシンスを元々良く思っておらず、また自分がすべきことを全てアニータが行ってしまうことによる危機感、嫉妬などを持つようになります。

ジョーがこっそり「18禁プログラムコード」的なものを購入していることは内緒ですが、これに関しては「うん、わかる。俺も買う。」と同意してしまいました。

また息子がアニータに恋をしてしまったりするドタバタもある中で、人工知能で感情を持たないはずのアニータが時々不思議な言動をし始めます。
これに不安を覚えるローラ、そしてデジタルに強い娘のマティーも明らかにシンスではありえないアニータの行動を見て疑問を持ちます。

これが物語の中心となる家族ですね。

もう1つの重要なグループがレオが率いる逃亡中の意識を持つシンスたちの存在。
そして隠居したシンス製作者チームの博士と壊れかけのシンスとの涙無くては見れないストーリー。
更にはシンス事件を担当する警察チーム。

これらが面白く、またあまり複雑ではなくむしろわかりやすく繋がっていくので「覚えることが多いドラマが嫌い」という人にもオススメできるドラマです。

実際に現実がヒューマンズの世界に追いついたら?

今現在、人工知能の技術やロボットの技術は日々進歩しています。
10年後は無理でしょうけど、30年後にはもしかしたら・・・と思ってしまえるぐらいです。

そして昔から言われているのは人工知能が意思を持ってしまったらどうなるのか?というSF的な話も非現実ではないということですね。
以前人工知能のTwitterを作ったら、ある日から差別をするようになったというようなこともありますし、iPhoneのSiriすら不思議なことを言うことがありますからね。

そして人工知能ロボットが進化すると人間が衰えるはずなんです。
全てロボットにまかせてしまうでしょうから、体力も知能も衰えるのではないでしょうか。
そうなると能力でロボットが勝り、人間が焦り始めた時には手遅れ・・・なんて。

後は男女ともに・・・18禁的な意味でロボットを欲しがることは間違いないでしょう(笑)

先程も書いたように、僕もジョーのように18禁プログラム解禁コードがあればそりゃ買うと思うよ・・・。
アニータにはあまり興味が無いですけど、ニスカというロボットとか見ちゃうとねぇ(笑)

今の日本だけで見ても引きこもり・ニートが多いですし、性格的に孤立してネットで悪口書いてるだけの人も多いでしょ。
もちろん高齢化はより増えていくでしょうし、恋愛もまもとにできない若い子も増えています。

となると、もしこの手のロボットがあれば、1つ購入すれば彼らは理想的な日々が過ごせるとも思えます。
ただ社会からより距離ができる気もしますし、問題を起こすやつはどんな世界でも起こすんでしょうけどね。

ヒューマンズ シーズン2はいつ?

シーズン1はHuluで全て配信されています。
とても面白い最終話で「ゾクゾクっ」とする感じだったの早く見たいのですが、シーズン2はいつなのでしょう?

調べてみると・・・声優の井上喜久子さんのサイトで5/3からHulu独占配信との記載が!!

ここで井上喜久子さんの名前が出るのはとても嬉しい。
アニメ「らんま」のかすみお姉ちゃん役の人ですね、女性の声で一番好きな声優さんです。
これは5月3日からのシーズン2がより楽しみになりました。

Twitter