Football player on field of stadium

ワールドカップを目前にしての日本代表遠征試合。
仮想セネガルとしてマリ代表との一戦が行われました。

ゴールキーパーは中村航輔
センターバックは昌子と槙野、左サイドバックに長友、右サイドバックに宇賀神。
宇賀神は代表初出場ですが左のほうが良い選手なので大変に不安だなと思ったのが率直なところ。

ボランチは長谷部と大島、トップ下に森岡
フォワードは左に代表復帰の宇佐美、中央に大迫、右に久保という布陣。

立ち上がり早々は若いチームであるマリがドタバタしている中で
中盤からワンタッチで繋いでゴール前まで行った日本の攻撃が期待が持てました。
全体的に裏へ裏へという意識が強く出ている前半でしたが、惜しいシーンが何度かあり
この形はもっと精度を高めて仕上げていってほしい。

マリ代表はとにかく速いし足が長いので届かないようなボールに届いてしまうし
6:4で日本が有利に見えるボールでもマイボールにされてしまうので
これは本戦のセネガル戦でも注意しないといけない。
油断して取りに行って取られて1枚かわされると危険なので、取れないと思ったらせらずにコースを切る動きをする判断も必要。

8分、中村の好セーブがなければ失点していた場面。
日本代表名物といいますか、簡単なパスを取られてからのカウンターでしたが
これが相手が世界のトップどころならあっさり失点に繋がってしまうでしょう。

この辺り、DFとボランチのパスが近い位置で丁寧にすればいいのに
慌てて強いパスをすることからミスが目立つことが気になってしまう。
落ち着いてプレーをしないと・・・マリ代表相手でドタバタしていたら本戦が不安です。

代表復帰の宇佐美から久保への素晴らしいパスと久保の裏への動きでチャンス。
直後に宇佐美にはシュートもあり宇佐美はこれが続ければやはり代表クラス。
期待感があるし、右は原口と宇佐美と乾をケースバイケースで使ってほしいところ。

宇賀神は雑なプレーが多く、18分にイエローカード。
前半終了間際にはPK献上で失点し前半で交代となりました。
そもそも右ではこのぐらいの選手なのかな・・・代表ではどうなんだろうか。

22分、大島のミドルは惜しくも外れたがあの位置で躊躇なく打てる選手は必要。
しかし怪我で交代となんともついていない。

0−1で後半戦へ。
こういうケースは本戦で3戦ともありえるので、シミュレーションとしては悪くないでしょう。

後半は宇賀神と酒井高徳の交代でスタート。

5分、大迫が下がってもらい右サイドへはたきチャンスメイク。
長谷部が倒されてフリーキック、蹴るのは森岡でしたがキックは壁にあたる。
随所で大迫は良いプレーをしていましたが、ゴールも意識してほしいなと思っていると
7分に大迫へのスルーパス、決定機に倒されるもファールはなし。

14分、個人的にオリンピックの時から期待していた中島、三竿の2人が同時交代。
宇佐美と中島、長谷部と三竿の交代。

徐々に慣れていったなという印象の2人。
中島も多少硬かったですが、個人的にはデビュー戦でこれなら悪くないと思いますし
結果的に同点ゴールを三竿から中島で決めているので一定の評価はしていいのではないでしょうか。
ウクライナ戦ではスタメンで使ってみてほしいです。

小林の投入はあまり効果があったようには・・・
Jリーグと代表で大きく印象が変わる選手ですし、コンディションが良くないのか途中交代なのに運動量がイマイチに見えました。

 

25分、本田圭佑投入、久保と交代。
やはり体は強い本田ですし仕掛ける意志も見せましたが「本田ならもしかしたら・・・」という思い込みの期待感しかなかったかなぁ。
ただ不必要ではないし、不可欠でもない、この辺りをどう挽回できるかどうか。

最後の最後は大迫が粘ってから中島が中央でドリブルからチャンスを作り、三竿が恐らくシュートしたものが運良く中島へのクロスという形になって中島がゴールを決めて引き分けですが、これは当然ワールドカップ本戦であったら負けるのと勝ち点1では大きな違いなので、そのシミュレーションとしては良かったのではないかと。

ただ・・・試合全体として言えば、3月のこの時点でこの完成度だとワールドカップでの期待は厳しいのかなと。

もちろん次の試合で大きく変わる可能性もありますけどね。

個人的には森岡が動きは悪くないですが彼の背負う仕事が多すぎるなと。
この形なら今回はいませんが香川・岡崎でもいいと思いますし、柴崎なんかを試すのもありなんじゃないかと。

あと酒井宏樹がいない大きさも感じましたね。酒井高徳は今回何をしてるの?って内容でしたし。
だから左長友右酒井宏樹、ここが不在になったら相当厳しくなるなぁと。

いやぁしかし残念な試合でした。

Twitter

おすすめ記事