運命の三戦目、ポーランドとの戦いは引き分け以上で自力突破となる状況でしたが
ポーランドに先制をされる展開となり怪しい雲行きになりました。

しかし裏の試合でコロンビアがセネガルに先制したことによって、日本とセネガルは勝ち点4で得失点差も総得点も全く同じに並んだことで「フェアプレー」いわゆる警告カード枚数での順位決定になる状況になりました。

ここで日本が選択した方法は、0-1で負けているのに攻めずにパス回しだけを繰り返してそのまま試合を終えることでした。
「え?この間にセネガルが追いついたらどうするんだ??」とおそらく多くの日本国民が、いや世界のサッカーファンが思ったことと思いますが、セネガルが追いつくことはなく日本代表は大ブーイングの中で決勝トーナメントに進出する権利を得ました。

特殊な状況が生んだ現象だと言えるのですが、タラレバとしてもしあれを繰り返している中でセネガルが追いついていた場合、西野監督は突然「攻めぉぉぉぉぉぉぉ!!」と叫び、日本の選手は急に攻めるというおもしろ展開になり一生語り継がれることになっていたと思うと、本当に結果オーライになりよかったなとは思いました。

確率論の結果としての他力本願

あの状況で残り15分程度。
西野監督の判断は「日本が得点を決めてポーランドに追いつく」こと「それが失敗してポーランドに失点する、もしくはカードをセネガルより多く出されてしまうこと」よりも「コロンビアがセネガルに追いつかれないこと」の方が確率が高いと考えたのでしょう。

僕も日本人としてあの終盤、大ブーイングを見ていると複雑な思いがありましたがプライドも試合も捨ててある意味では勝負もすてて、ただ決勝トーナメントに上がることを優先した結果、それを叶えたというのはそれで良かったのではないかと思います。

確かに実際世界中のサッカーファン、メディアから非難の声は上がっています。
特に今回は弱小チーム、ゴタゴタもあり3戦全敗濃厚と思われていたチームがコロンビアに勝利し、セネガルとの戦いで世界中から拍手を送られていただけに、小さなヒーローが一気にヒール扱いされてしまうのは辛いところです。

ただ、ここまでしてトーナメントに上がったのですから、意地でも結果を出して日本初のベスト8をどんな手を使っても美しくないサッカーでも手にする必要があるでしょう。

これでまたベスト16で終わってしまっては、最後の試合だけがピックアップされてしまいます。

まぁ現在目の前で行われている試合ベルギーVSイングランドを見ていると、日本のトーナメントはベルギーとの戦いになりそうですので、なかなか厳しいものがありそうですが・・・。

こういう形で順位が決まるというルール、そしてこの決め方が「フェアプレー賞」という名目であるというのがとても皮肉ではありますし、おそらくこれは一生ネタにされますが、それは背負って行くしかないかなとは思いますけどね。

※ネトウヨ、ブサヨ、お隣さんは日本のこの試合や決勝トーナメント進出と韓国のドイツ撃破などを利用して煽り合ったり喧嘩するな、サッカーを利用するな。うざい。喧嘩するなら自分の拳でやりなさい。

スタメン6人替えはどうだったのか?

1戦目、2戦目と交代メンバーも含めて素晴らしい試合をしていました。
しかし今回は6人のスタメン替え(なぜこれが事前に前日からマスコミに全て漏れていたのか?)。

まず単純に思ったのは、ここ2戦で中心だった選手が当然レギュラー組なので、サブ組を中心としたチームにしてそれで3戦目を切り抜けてトーナメントに行くことができれば、疲れが取れたスタメン組で勝負ができるという考えです。

ですが日本は強豪国ではありませんし、正直このメンバーで大丈夫か?と思ったわけですが・・・
実際に大丈夫ではなく(苦笑)本当に運もあって決勝トーナメント進出となりました。

このスタメン6人替えで、本当なら「この選手もいいね!」という選手が出てこれば選手層、戦略的にも嬉しい結果でしたが、個人的な感想としては全員が不合格でした。

岡崎選手は、そもそも怪我で浅野と変わるのではと言われていたのがまだ2週間前の話。
それでも走り回っていましたが、試合開始早々になぜか原口選手がアップをしていたことも、岡崎選手にいきなり問題があったのでしょう。
結果的に後半スタートしたところで大迫選手と交代となりましたが、コンディションが悪いのに出場するのはチームに対して、日本に対しての不誠実ですし、メディカルスタッフも西野監督も把握しているはずですから、いい加減にしてほしいなと思うわけです。

次に宇佐美選手。
彼の場合は守備力で問題があるので今回のケースで出場する時点で「なんで?」でしたが、色々と問題があった宇佐美選手ももう大人ですので日の丸を背負おう気持ちがあると思いました。

しかし、やはり走らない。守備が軽い。チャンスでも走らずに軽いランニング程度しかしない。
個人技を見せたいのか足元でもらってはこねくり回してボールロストをするという何時も通りの状態。
カッコつけたいだけでチームに貢献するという優先事項が3番手ぐらいのところにある時点でマインドとして日本代表には足りないし、技術的にも世界レベルではないなと改めて思いました。大げさでなく審判の方が早く走ってましたから。

武藤選手はそもそも使われ方が本職とも少々違うところがあるので仕方ない部分もありましたが、前半では宇佐美にパスをすれば1点というシーンもありましたし、ボールを貰ってもアイデアがないですし打開策もなく、結果がほしいだけのプレーをしていたのでそれは問題だなと思います。

次に山口選手ですが、稀に「山口のミドルに救われる」が予選であるだけで、成長度は非常に疑問なんですよね。
病気のように謎のゆるい横パスを出してボールロストしますが、これが昔から変わらない時点でボランチとしてどうなんだと。
2018年には日本の中心となってほしい選手でしたが・・・

槙野選手、オーバーヘッドを決めてお祭り男になってほしかったですが、元々ムードメーカータイプでエンターテイメント性が強い選手と言いますか、目立とう精神が強いんですよね。オウンゴールになりそうなシーンもありましたが、全体的に見ても寄せも甘いしカバーリングも悪かった。チームには必要でも試合には・・・という感じですね。

酒井高徳選手、あの使われ方は本人もキツイのかなと思いますが・・・試合を決定づけるプレーができる選手ではないですし、コンディションは良いのでしょうけどいきなりこんなメンバーで使われても厳しいわなという感じです。

ついでに川島選手、スーパーセーブがありましたが、冷静に見るとポジショニングが悪いのでスーパーセーブになっただけ説ですね。
ただ平均点は取れる状態に戻ったか開き直ったか、これなら問題はないのかなと思います。

まぁ、この6人に関しては次の試合でスタメンになることはないでしょう。
それがわかったという収穫はあったのではないかなと思いますね。
武藤は使い方1つ、酒井高徳はあくまでも便利屋として必要ですが、宇佐美に関しては本人も思っているでしょうけど「中島ならなぁ」と一生言われてしまうのかなと。でも目に見える結果よりもプレーの内容も重要ですよ、サッカーファンはちゃんと見てますから。
だからこそセネガル戦で途中公開でタラタラ歩いている姿や今回のランニングの姿は残ってしまうわけです。

西野監督、この決断に関しては結果オーライでした。
ただポーランドにこのメンツで勝てるわけもなく、どういう精神状態だったのかは理解はできません(笑)

日本初のヘトヘトではないベスト16戦

これまでの日本は弱者が走って走って泥まみれになって、自らを消耗品にして戦って何とかワールドカップを戦うスタイルでした。

しかし、今回は日本初、スタメン選手を回復させる時間を作って余力を作ってのベスト16戦になります。

※ここでベルギーが勝利したのでベルギーとの試合が決まりました。

それでも相手がベルギーですから、10回やったら7回負けるぐらいの差はあると思います。
ただ、先程も書いたように今の日本には運の良さもありますし、西野監督の持ってる感もありますし、スタメンは回復していますし、何よりこういう勝ち上がりをしてここで負けると、世界的にサッカーメディアから叩かれてネタにされますから、勝利しないといけないという気持ちは必ずあるでしょうし、交代したメンバーの体たらくぶりを見ていたスタメン組は「ここでしっかりプレーするぞ」という思いも強くなっているでしょう。

ただ、1位通過してほしかったですね。
このトーナメントを見てもわかるように、右の山の方がずいぶんと楽です。
楽と言っても日本より強い国ばかりですが、それでも1位通過していたらイングランドと試合でしたし、その次、その次を見ても少し流れが向けば面白かったです。

が2位通過なので左の山。初戦がベルギー、次にブラジルかメキシコ、万が一があってもその次が・・・まぁ見ての通りの4チームです(笑)

これベルギーとイングランドも困ったと思うんですよね。
2位通過しちゃうとコロンビアと戦いになると、でもコロンビアを倒せばそこからはやや落ちる。
1位通過しちゃうと日本と戦えるのでベスト8までは難易度が下がってもその次がブラジル濃厚なわけですし、それをクリアしても見ての通りです(笑)

で、1つだけ、、、妄想ですよ?

現実的にはベルギーに勝つのは厳しいと思います。
ただ、勝利した場合、もしメキシコがブラジルに勝利して上がってきてくれたら、もしかして?と思いますし、普通にブラジルが来た場合・・・西野監督とブラジルの戦いですよ、このめぐり合わせになったら本当に凄くないですか?

ブラジルとしては日本に負けた汚点があります、西野監督にリベンジしたいと思うでしょう。
でも嫌な予感も与えることができると思うんですよ。

はい、妄想終了(笑)

まぁここから日本以外も一発勝負のトーナメント戦です。
今回のワールドカップはスコアも多いですし、ドイツが最下位になるなど波乱もあり、とてもおもしろい試合が多いです。
7月15日までまだまだサッカーを楽しめる日々が続きます。暑い熱い夏を楽しみましょう!!

 

・・・やっぱこの考えっすよ。
ワールドカップのグループリーグってのは・・・『突破した者だけにトーナメントを戦う権利がある』のです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事