オカダの真意は?

清宮とオカダの大乱闘の余韻がまだ残る中、東スポを読むと「え?」というオカダ選手のコメントが掲載されていました。

「同じ目線じゃないし、偉そうなこと言わないでねって。二度と俺の前に姿を出さないでねっていうような感じですかね」
「僕が『逃げてる』と思う人がどれくらいいるかって感じですよね。逃げるほどじゃないというか、追いかけて来いっていう、お前が。これで興味ゼロになったというか、どうでもよくなりました」

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/251682

うーん?オカダ選手らしい「すかし」を一度見せたということなのでしょうか。
まさか本気で「清宮が暴走してプロレスとして成立しなかったからもうやらない」とは思っていないと思うのですが・・・どこかの誰かの「ちゃんとプロレスしようや」みたいなこと2ndみたいな発言ではないと思うんですけどね。

まぁファンの結構な割合が「もう対抗戦は嫌」「他の団体は攻撃がハードだから嫌」とかそんな声が出ていることを受けての結論で言葉通りが真意だとすれば、プロレスって何なのってなりますし、それこそノアファンからは「逃げた」と思われるような気がするんですけどねぇ。

あのいつぞやの諏訪魔選手の暴走をすかし続けたオカダカズチカとは違うオカダカズチカが出てきたかと思っていたのですが。

その他には「俺、そんなに安くないですよ。」「「次、鷹木さん決まってますし、目を向けるヒマもないというか、忙しいんですよ。俺。本当にもう、ノアとの絡みはいいやって感じですね。」ともコメントをしていますが・・・

その鷹木信悟選手がKOPWに挑戦権をかけていることに対しても「そんな安くないですよ」って言ってほしかったなぁ。

最後に、オカダカズチカ選手は「団体としてのレベルも違う」とキッパリ発言していますが、これに対して清宮選手だけではなくノアの選手は何かしらのリアクションをするべきですよね。

武藤敬司選手の引退試合も内藤哲也選手に持っていかれたわけですし、これで「また1年後」って感じならノアの未来もないんじゃないでしょうか。

Twitter