入り口

小島聡選手が楽しそうである。
杉浦選手とのタカ&サトシですか...いやー、小島選手がこのキャリアでNOAHのリングでまた素晴らしい相方を見つけるなんてのは想像していませんでした。

相手が誰であってもラリアットが決まれば勝てるという小島選手なのに、新日本プロレスではチャンスに恵まれなくなっているという状況でしたが、NOAHでここまで大爆発するならいっその事もう1回GHCを手にして新日本プロレスに逆輸入みたいな形で入ってきて暴れてほしいですねぇ。

で、NOAHに関しては新日との対抗戦・小島選手の参戦・拳王選手のYouTubeにハマったという3点セットに加えて、元々武藤敬司選手が私のプロレスファンへの入り口になった30年前の「そもそも」も相まって見るようになったのですが・・・いや、面白いですよNOAH。

プロレス初見の人に各団体を平等に見せるとしたら、NOAHに興味を持つ人も沢山いることでしょう。

ただ、現在のプロレスファン=新日本プロレスファンと言っても過言ではない状態から、新日本プロレスファンにNOAHを見てもらうというのは凄く難しい。

私はスタートが新日本プロレスですし、新日っ子のまま30年が経過していますよ。
その中でFMWもハマったし、大日本もハマったし、もちろん全日も見ていたのでノアも初期は見ていました。
ゼロワンも会場に行くぐらい見ていましたし、今年はドラゲーも会場に足を運んでいます。
女子に関しても全女なんかはどっぷり浸かりましたから、プロレスそのものが好きなんですよ。

でも、ベースが新日本プロレスファンだと・・・どうしてもね、新日本プロレスがキツかった時の時期とのNOAHとの関係性、いやNOAHファンとの関係性を思い出してしまう。

まだSNSってものが無かった時代。
プロレスファンとの交流の場ってインターネット上では2chのプロレス板だったわけですよ。

まぁ~~~そこでNOAHファンの方々には新日ファンがボロクソ言われてましたし、反論もできねぇ状態だった暗黒時代。

あのトラウマを抱えるオッサンファン、現在も新日本プロレスファンをしている人は多いでしょうけど完全なるノアアレルギーを発症したままの人も沢山いるわけですよ。

いや、その後に新日本プロレスが右肩上がりになって「へへーん」と自分が偉くなったかのように新日本プロレスファンが上から目線になった時期にはアレルギーも治まったかもしれません。

が、鈴木軍がノアに参戦している時にタイチ選手やデスペラード選手などからNOAHファンへの苦言がよく出ていた時に「やっぱりNOAHのファンって怖いのかな」と。

そこでまたアレルギーがぶり返したって人も多いと思うんですよ。

結果的に新日本プロレスファンがNOAHを見ることへのハードルって上がっているんじゃないかと。

ただ、これは各団体に言えることですが「全くプロレスに興味がない人に自団体のファンになってもらう」ことと「既存のプロレスファンに自団体も見てもらうこと」だと後者の方が話が早いじゃないですか。

私個人で言えば、競馬本著者として活動していますが「競馬ファン」に興味を持っていただく戦略しか考えていません(笑)
だって競馬ファンじゃない人を0から競馬ファンにした上で自分のファンになってもらうってめちゃくちゃハードルが高いじゃないですか。

こういう前提がある中なので、現在のプロレス界は新日本プロレスファンを「2番手でもいいからうちの団体も見てね」と引っ張って、最終的に「うちが一番」にさせるという流れしかないわけですよ。

そこで辛いのが、そこそこ長いファンの腰が重いということですね。
なぜなら「NOAHファン怖いよ!」ってトラウマを抱えているから(苦笑)

ただ、庇うわけじゃないですけど私が見る限りそんな高圧的で怖いファンの人って絶滅に近いと思うんですよね...いや、わからんですよ。また立場が逆転したら元に戻るかもしれないし。
でも今はやはり団体の立場的に新日本プロレスファンが他団体を見下すなんてこともありますし、まぁそんなもんなんですよプロレスファンってのは。ファン同士もライバル心があるんだ、だから面白いとも言えるのではないかな?と思いますし。

何より新日本プロレスの代表として小島聡がNOAHで大暴れして、しかも楽しそうなんですから。
そりゃあ新日本プロレスのファンも楽しめるんじゃないの?って目線を持った方がプロレスファンライフを楽しめる気がするんですよ。

と、ノアアレルギーが治った者の独り言でした。
(いや、マジでノアファン怖かったんだよ昔)

Twitter