兄弟愛

ちょこちょこと事が起こった新日本プロレス神戸大会。

棚橋弘至とカールアンダーソンのNEVER戦はアンダーソンが勝利しましたが、そこに出てきたジェイ・ホワイトと外道を蹴散らそうとタマちゃんが登場。
そこへ出てきたヒクレオがジェイに謀反を起こし、以前からあった点を線にしてようやくタマちゃんとの兄弟愛復活。

そんなヒクレオにNEVERのベルトを手渡すタマちゃん。
なるほど「俺はIWGPを取る、お前はNEVERを取ってこいや!」ということなのでしょう。

若干、頭の中に「どっちも取れないだろうな」という言葉が浮かびましたが(笑)でもタマ・トンガとオカダ・カズチカが東京ドームのメインでも別にいいと思うんですけどねぇ。
だって東京ドームなんてメイン以外もメイン級のカードが揃うんですし。

それにファンは「メインが○○だから行きたい」じゃなくて「このカードが一番楽しみだなぁ」で会場に行きたいと思うものじゃないですか。

今の時点で「ドームメインはオカダvsジェイだから~」と当たり前のようにファンが話している状況をぶっ壊してほしいですけどね。

さて、敗れた棚橋弘至ですがこれで逆に自由度が増したとも言えます。

東京ドームに出てきそうな武藤敬司の前に立つのか、それとも横に立つのか。
個人的には武藤敬司・棚橋弘至vs内藤哲也・SANADAなんてカードは見てみたいですね。

特に内藤哲也からすれば完全に武藤敬司に食われたあの日のリベンジをするチャンスでもありますし。

見てる方がニヤける

そんな内藤哲也はSANADAと組んでタイチ・ザックとの試合がありました。
試合後のSANADAとタイチ、内藤哲也とザックのやり取りは最高でしたねぇ。

何なんでしょうね、このロスインゴと鈴木軍の相性の良さは。

まぁ、元々タイチ選手をヘビーへ一歩踏み出させたのは内藤哲也選手でもあります。
そしてこの二人の物語はずっと続いていて、名勝負を何度も見せてくれています。
内藤哲也が困っているときにはタイチがなぜかいつも近くに来るという傾向もあります。

そしてタイチ選手が愛するサナやんことSANADA。
今日はマスク交換?までしていましたが、ここも兎にも角にも絡むと楽しそう。

ロスインゴというところでいえば鷹木信悟&タイチのラブラブっぷりは今年上半期に確認できましたし(笑)シンプルにタイチがロスインゴからモテている状態。

それに加えて内藤哲也&ザックも度々戦っていて、今「内藤哲也のライバルは?」とファンにアンケートを取ったら昔からのファンはイメージで棚橋弘至・オカダを選ぶかもしれませんが、近年のファンならザックという声が多いのではないか?というぐらいの関係性になっています。

そのザックはSANADAとの「現代プロレスへの抵抗」のような試合を何度も見せている関係性ですし、あの見事な丸め込み合戦は料理の世界ならミシュランで星がつくことでしょう。

で、とりあえずSANADAとタイチはシングルへと向かいそうですが・・・
これで勝った方に何かありますかねぇ?
もうこの時期の新日本プロレスって「何も動かせない時期」じゃないですか。
G1以降の新日本プロレスは余興と言われるぐらいに何も起こらないですから、この勝者が誰かに挑戦するということもないでしょうし。

何となく「全日50周年の祝いを俺たちで新日でやっちゃおうぜ」的な感じなのかとも思いました。
タイチ選手もSANADA選手もその辺りの愛が深い人達ですし。

で、内藤哲也はというとメインで勝利したオスプレイの前に登場しIWGPUSに挑戦するという「これを取って東京ドームでIWGPとUSのファン投票でもしてやろうじゃないか」的なことなのかわかりませんが行動をとりました。

そこへ出てきたのはザック。
ちょいちょい日本語を挟みながら内藤哲也にクレームを入れると、US挑戦者決定戦を内藤哲也と行うという約束をして二人で退場していきました。

この間、王者のオスプレイがほったらかしにされるという面白さもありましたし、ザックの愛嬌といい、内藤哲也の「丸腰の時に好きな相手と絡んでいる時の楽しそうな顔」はたまらないものがありましたね。

ただねー・・・3WAY嫌いな私ですけど、オスプレイ・内藤哲也・ザックの3WAYは見たかったんだよなぁ。

あと、先程書いたように個人的に内藤哲也・SANADAと棚橋弘至・武藤敬司が見たかったりするので、内藤がザックに負けてくれた方が可能性が出そうでねぇ(笑)

それに加えて内藤・タイチ、内藤・ザック、SANADA・タイチ、SANADA・ザックとかも見てみたくないですか?

今の、というかここ15年の新日本プロレスでは望み薄ですけど「ユニット固定カード」しかないとファイプロでカード組んで夢を妄想プレーするしかないのが辛いですよね。

「俺たちが同盟を組まないと勝てない相手ができた!」

とばかりに、棚橋弘至とオカダカズチカを組ませたらまさかの「最初の救出時しか盛り上がらない」という衝撃があったので(あれはその後に負けすぎ)二の足を踏むかもしれませんけど、マジで同じユニットで同じカードでこのまま5年やってたらエース50歳へ、内藤・タイチ他多数のスター選手が45歳、オカダすらおっさんレスラーになってしまうわけですから。

そのぐらいの時期に「いつまで同じユニットやねん!」とファンが言い出してからではもう遅いですからね(苦笑)

で、最後に一言

フィンレー凄かった!あのウラカンラナで勝利でいいっしょ!!

ここまで成長したスター候補を1~2試合目で会場を温めるだけで今後使うのはもったいねぇよ。

Twitter