G1のGは

G1のGは、何のGか。
後藤のG!!
というのは置いておいて、第一回目からリアルタイムで見てきている世代の私としてはG1のGって「がむしゃら」の「G」なのかなと思うんですよ。

歴代の試合を見ても、もう必死じゃないですか。
最後の最後、優勝が決まるその瞬間に綺麗な試合なんてほぼない。

フォールの仕方1つ取ってもそうですし、もう意地でもここで勝つんだという気持ちが爆発する感じというか。

絞め技なら普段は美しくかけているのにG1だと力任せにかけたりしますし、例えば武藤敬司がムーンサルト2発目で足を踏み外した瞬間すら絵になるのはがむしゃらさがあるから。
真壁刀義の相手を抱きしめて「もう起きてくるな」という声が聞こえそうなフォールも静かながむしゃら感がありました。

そして、それがあると「何か今年のG1って微妙だったよな」という年度でも最後は泣けてくるんですよね・・・

そんなG1、今年もがむしゃらなGが見れるのでしょうか。



Twitter