内藤哲也の可能性

逆転の内藤哲也がまだ逆転の可能性を残すためには、KENTAを敗退確定に追い込む勝利が必要。共に背水の陣だった内藤哲也vsKENTAの試合はデスティーノで内藤哲也の勝利。やはり逆転の内藤哲也は運命に導かれているのだろうか。

これにて9日時点で首位タイになった内藤哲也。
ただ、内藤哲也は残す試合が最終戦のザック・セイバー・ジュニア戦。

内藤哲也に勝利している後藤洋央紀と棚橋弘至は残り2戦を残した状態。
なので後藤洋央紀が棚橋弘至に勝利して勝ち点6、棚橋弘至はKENTAに負けて勝ち点6、ザックがEVILに勝ち勝ち点8、最終戦でEVILが後藤洋央紀に勝つと・・・

内藤哲也勝ち点6vsザック勝ち点8
後藤勝ち点6
棚橋勝ち点6
EVIL勝ち点6
となって、内藤哲也が勝利すればザックの勝ち点8に並び直接対決の結果で勝ち上がり。
ザックは引き分け以上で勝ち上がりという感じの状況になれば、逆転の内藤哲也がトーナメントへ行ける可能性があるというところでしょうか。

なので内藤・ザックに勝利している棚橋が後藤を倒して勝ち点8になると・・・ですね。

でね、棚橋が勝ったら内藤哲也の最終戦があまり意味のないものになるわけですよ。
でも、当初からファンが「こうなってこうなるんじゃないか」と口々にしていたこの状況で「はい、後藤洋央紀が棚橋弘至を倒して内藤哲也のアシストになりしたよ」となれば色々な声も出るでしょう。

ただね・・・後藤洋央紀のコメントがいいのよ!

「まあ俺に、いま1番必要なのは、あの棚橋弘至の“光”だから。明日、試合の中であの“光”、奪い取りますよ」

これを聞いちゃうとね、後藤洋央紀に勝利していただいてですね、内藤哲也がG1優勝→「後藤のおかげで進出できた、そして俺は後藤に負けているから」という流れで殿にラストチャンスが来るのも悪くないなと。

ま、もしくはどんでん返しでEVIL連勝から直接対決の関係性で首位とかね、そういうのも期待しちゃうわけですが。

安牌な結果となるか、意外性が生まれるか。



Twitter