宮原健斗のVM入りは...

王道トーナメントが開幕。
まずは最初の4試合が開催されました。

ジェイク・リーと綾部蓮のデカい者対決は全日らしさがあるビジュアル対決でしたし、青柳亮生vs野村卓矢は想像以上の好試合になりました。
青柳優馬vs野村直矢の試合はバチバチの対抗戦のような感じになると思いきや、二人の歴史と繋がりを感じる試合でしたね...
野村直矢がもう普通に全日で試合をしているのは違和感も多少あるんですけど、王道から一度離れてからの王道トーナメント制覇なんてことがあれば、それはそれで全日にとって良い刺激になるかもしれません。

さて、VM入りをするのかしないのかどっちなんだい!というテーマもあった宮原健斗とTARUの試合は宮原健斗が勝利したものの、試合後に諏訪魔が宮原健斗にシェイクハンドを求める展開に。

そして、止めに入るライジングHAYATOに蹴りを入れると場内から「えーー」という悲鳴に似た歓声が・・・からの、諏訪魔にも一撃を入れて拒否ということで、宮原健斗はVM入りをしませんでしたという結末でしたが・・・さてどうなんでしょうね。

宮原健斗がVMに入らないというか入れない理由があるとすれば「誰が宮原健斗の役割を担えるの?」ってことだと思うんですよ。

ジェイク・リー、青柳優馬、この二人はまたカラーが違いますからねぇ。

個人的には宮原健斗に蹴られたライジングHAYATOが怒ってVMに入っちゃって、ボッチの宮原健斗がまた加速していくのも面白いのかなぁと思ったり。

ところで、今回の全日さんは上手いサムネでしたね!
YouTubeで追いかけている人とか、リアルタイムで全日TVを見れなかった人が先にYouTubeを見た時に「え!?宮原VM入ったの?」と思うような、宮原健斗のわるーーい顔を選んだのはナイス!

結構、雑なサムネの時が多いですから全日本プロレス(笑)
こういう小さな努力って報われますからね・・・私もYouTubeやってる身なのでね、わかります。

で、昨日の王道トーナメントの再生数順
ダントツでこの宮原健斗のサムネ動画で1.4万再生。
他3試合は4~2千再生。

なのですが、宮原健斗TARU動画に迫る勢いなのがこちら。

王道トーナメントではないジュニアの8人タッグ。
これ、もちろんタイガーマスクの影響が大きいとは思うのですが・・・大森北斗への注目が大きいって部分もあると思うんですよ。

めちゃくちゃ急成長していますし、このキャリアで怖いタイガーマスクにガンガン生意気に行くこのスタイルってプロレスファンが嫌いなわけがない。

それこそ若い世代のプロレスファンで、社会で上の人間に噛みつきたいけど噛みつけ無いというストレスの溜まっている人の代弁者となって引き込めるぐらいの存在になりそうな予感がするんですよ。



Twitter