太陽再び

内藤哲也から勝利を得て勢いがついた棚橋弘至。
その勢いのままザックを撃破し2勝1敗の勝ち点4に。
優勝候補の内藤・ザックを倒している棚橋弘至を倒したヘナーレ最強説まで出てきますが(笑)何にしても視界良好で太陽浮上、新日本プロレスのマットを一番高いところから照らす太陽へと舞い戻ってもおかしくなさそうです。
表情も元気なエース爆発という感じですね。

内藤哲也・ザックは棚橋弘至に負けたということから、棚橋がここから2勝1敗で進んだとすると・・・内藤は全勝・ザックも全勝じゃないとだめですかね?

この日はSANADAがオーカーンに勝利してSANADAは勝ち点4、オーカーンは2連敗で0点。フィンレーは鷹木信悟に勝利して2勝1敗で勝ち点4、鷹木信悟は痛すぎる2敗目。ジョナがトムローラーに勝ち勝ち点2、トムローラーは2連敗という状況。

少し嫌な予感がしてきたのは、どのブロックも6戦4勝2敗で勝ち点8での混戦から直接対決の結果でブロック突破者が決まりそうなのかなぁと。
少人数4ブロック制なら早々に敗退・早々に突き抜ける選手がいる方が緊張感があって面白いだろうなと思っていたのですが、今の感じだと1日の公式戦も4つな上に順番がバラバラなのでイマイチ緊張感がないというか、のめり込めない印象はあるんですよ。

中盤以降、そろそろ1戦1戦の緊張感が出てくるのかなとは思いますが。

今のところ、今年のG1で一番印象的なのは・・・EVILのコメントが急に面白くなったことだったりします(笑)

内藤哲也へのEVILのコメントが野球をネタにしたもので、キレキレなんですよね。
EVILも野球好きなんだっけ?

なんかねー、またいずれくっついてほしい2人なんですけどね。
内藤哲也のパートナーと言えば高橋裕二郎の印象が強いですけど、個人的には内藤哲也・EVIL組って好きだったんですけどねぇ。

Twitter